Rakuten infoseek

辞書

前垂【まえだれ】

精選版 日本国語大辞典

まえ‐だれ まへ‥【前垂】
〘名〙
① 衣服の前の方の汚れを防ぐために、体の前面、特に腰から下に垂れ下げる布。前掛け。まえたり。
※延喜式(927)一四「六月神今食御服〈略〉帛(まへたれ)二両〈別三尺五寸〉」
② 前に垂れ下がっていること。前さがり。
※平家(13C前)四「衣のしたに腹巻をき、大なるうちがたなまへだれにさし」
③ 特に、宿屋の飯盛女や色茶屋の私娼、遊郭の遣手などが身につけている赤い前掛け。また、その女。あかまえだれ。
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)二「上村吉彌 若女形〈略〉おひめさまにも前だれさしてもうつらぬといふ事なし」
④ 旋盤の手前に出っぱって垂れている部分。たて・よこ送り、ねじ切りの送り、それらを操作するハンドル類がついている。エプロン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前垂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前垂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.