Rakuten infoseek

辞書

刺青【シセイ】

デジタル大辞泉

し‐せい【刺青】
入れ墨。ほりもの。
[補説]作品名別項。→刺青

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しせい【刺青】[書名]
谷崎潤一郎小説。明治43年(1910)発表。刺青師清吉によって背中に女郎蜘蛛(じょろうぐも)を彫られたお酌が、驕慢(きょうまん)な美女に変身していく姿を耽美(たんび)的に描く。昭和41年(1966)、増村保造監督、脚本新藤兼人により映画化。出演、若尾文子、山本学ほか。
富田常雄の小説。昭和22年(1947)発表。昭和24年(1949)「面(めん)」とあわせ第21回直木賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しせい【刺青】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しせい【刺青】
いれずみ。ほりもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐せい【刺青】
[1] 皮膚を針などで傷つけ、墨、朱などを入れて絵画や文字などをほりつけること。また、そのもの。いれずみ。ほりもの。
[2] 小説。谷崎潤一郎作。明治四三年(一九一〇)発表。美女の肌におのれの魂を彫り込むことを宿願とする刺青師清吉を通して、美に対する跪拝(きはい)の念を官能的・耽美的に描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刺青」の用語解説はコトバンクが提供しています。

刺青の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.