Rakuten infoseek

辞書

刺胞動物【しほうどうぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

刺胞動物
しほうどうぶつ
Cnidaria
刺胞動物門としてまとめられる動物群の総称。クラゲサンゴイソギンチャク類に代表され,7600種あまりが知られている。かつては有櫛動物門 Ctenophora(→有櫛動物)とともに腔腸動物 Coelenterataと呼ばれていた。体は基本的には放射相称で(→相称),内外 2層の細胞層からなる 2胚葉性動物である。口に続いて大きな胃腔があるが,肛門は未分化で,不消化物は口から出される。口を取り囲む触手には毒針を備えた刺胞があり,これで餌を捕える。浮遊生活をするクラゲ型と海底の岩などに吸着して生活するポリプ型(→ポリプ)があり,成長の過程でこの両方の型を経る種もある。有性生殖が一般的であるが,種によっては出芽や分裂という無性生殖を行なう。単体として生活する種だけでなく,群体を形成する種も少なくない。浅海から深海まで世界のあらゆる海域に広く分布し,少数の種が淡水域に生息している。生活史や体構造の特徴などからヒドロ虫綱(→ヒドロ虫類),箱虫綱,鉢虫綱(→鉢虫類),花虫綱(→花虫類)に分類するのが一般的であるが,鉢虫綱のアサガオクラゲムシクラゲなど十文字クラゲ目を独立させて十文字クラゲ綱 Staurozoaとする考え方もある。(→無脊椎動物

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しほう‐どうぶつ〔シハウ‐〕【刺胞動物】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しほうどうぶつ【刺胞動物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しほうどうぶつ【刺胞動物】
動物分類上の門の一。従来の腔腸動物からクシクラゲ類(有櫛ゆうしつ動物)を除いたもの。 → 有櫛動物

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

刺胞動物
しほうどうぶつ
腔腸(こうちょう)動物門のうち、クシクラゲ綱を除いたヒドロ虫綱、ハチクラゲ綱、花虫(かちゅう)綱の3綱では、どの種類でも例外なくその体内に刺胞を有しており、そのため動物分類上これら3綱を一括して刺胞動物Cnidariaという1門として扱うことがある。刺胞動物は、この刺胞をもつということのほかに、体が原則的に放射相称を示すこと(クシクラゲ類では二放射相称)、発生途中に一般にプラヌラ幼生の時期をもつこと、などによってクシクラゲ類と区別される。刺胞の有無にどの程度の系統的意義をみいだすべきかについては、古来意見の分かれるところであるが、現在のヨーロッパやアメリカの一般の教科書では、どちらかというと、腔腸動物よりも刺胞動物を門として認めている場合が多い。[山田真弓]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しほう‐どうぶつ シハウ‥【刺胞動物】
〘名〙 動物分類上の門の一つ。体は内胚葉と外胚葉の二細胞層からなり、体内に腔腸と呼ばれる腔所がある。形はつぼ形、かさ形などで、口の周囲に触手があり、すべての種が刺胞をもつ。一生の間に分裂または出芽などによる無性生殖の時代と、有性生殖の時代とを交互に繰り返す種類が多い。おもに海産で、淡水産は少ない。ヒドロ虫類、ハチクラゲ類、花虫類などが含まれる。刺胞動物と有櫛(ゆうしつ)動物をあわせて腔腸動物門とする考え方が広く受け入れられてきたが、近年それぞれを独立の門とする考え方に変わっている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刺胞動物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

刺胞動物の関連情報

他サービスで検索

「刺胞動物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.