Rakuten infoseek

辞書

【ケン】

デジタル大辞泉

けん【券】
入場券・乗車券・食券など、特定の資格や条件などを表示した紙片。切符。チケット。「映画の」「パーティー
荘園・田地・邸宅などの所有を証明する手形。割り符。
「家の―奉り給へり」〈宇津保・蔵開下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん【券】[漢字項目]
[音]ケン(漢)
学習漢字]5年
金銭などの代わりに約束の印とする紙片。「金券沽券(こけん)証券食券馬券旅券乗車券

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けん【券】
金額・条件・資格などを書き記してある紙片。債券・証券・入場券・乗車券・食券など。切符。
荘園や田地を所有しているしるしに発行された手形。割符わりふ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん【券】
〘名〙
① 邸宅、田地荘園などの所有を証明する書付。手形
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「右大将、三条殿に、あのの給し家の券奉り給へり」 〔史記‐高祖紀〕
債券、証券、旅券、食券、入場券など券の字の付く切符類をいう。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四三「唯た負債を償はんか為めに来れり。請ふ此券を収めよ、僕当さに去るへし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

券の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.