Rakuten infoseek

辞書

制酸薬【セイサンヤク】

デジタル大辞泉

せいさん‐やく【制酸薬】
制酸剤」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいさんやく【制酸薬 antacid】
制酸剤ともいう。胃液中の塩酸を化学的に中和する薬物で,過酸症や消化性潰瘍の治療に用いられる内服アルカリ剤。制酸薬は,その中和作用,緩衝作用で胃酸による胃粘膜への侵襲を防止するほか,吸着,被覆などの作用もあり,消化管の潰瘍面,炎症面を保護する。さらに胃内の酸性度の低下によりペプシンの不活性化も同時に起こり,胃液による消化管粘膜への侵襲の防止がいっそう効果的となる。制酸薬の中和は必ずしもpH7以上にする必要はなく,pH3.5以上で十分に胃液の消化作用は抑制される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいさんやく【制酸薬】
胃液中の塩酸を化学的に中和し、胃酸過多や消化性潰瘍などの治療に用いる薬。重曹・酸化マグネシウムなど。制酸剤。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

制酸薬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

制酸薬の関連情報

他サービスで検索

「制酸薬」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.