Rakuten infoseek

辞書

制服【セイフク】

デジタル大辞泉

せい‐ふく【制服】
[名](スル)
学校・会社など、一定の集団や団体に属する人が着るように定められている服装。ユニホーム。
シビリアン‐コントロール文民統制)が採られている国の国防(防衛)行政機関において、文民官僚に対する職業軍人自衛官)の称。制服組
相手の勢いを押さえ、従わせること。
「其内実は未だ能く之を―するの力あるにあらざるなり」〈田口日本開化小史

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

制服
安部公房による戯曲。1955年、劇団青俳により初演。同年、第1回新劇戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいふく【制服】
一定の規則あるいは規準に基づいて定められた服装。ユニフォームuniformともいい,ラテン語のunus(一つの)とforma(形)に由来する。多くの場合,その目的に応じて材質,色,付属品なども統一されている。制服には,季節に応じて主人が奉公人などに与えた衣服,〈仕着(しきせ)〉と共通性があるが,〈仕着〉には画一性が意識されていない点で大きく異なる。 制服のもたらす社会的機能としては,同一性,シンボル性,禁欲性の三つの要因が考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいふく【制服】
学校や会社その他の団体などで、所属する人が着るように定められている服装。ユニホーム。 ⇔ 私服
スル
相手の力を抑え、これを服従させること。征服。 未だ能く之を-するの力あるにあらざるなり/日本開化小史 卯吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

制服
せいふく
とくに制定された被服の総称。ユニフォームのこと。一定の集団や団体の性格を表す機能をもち、集団内では連帯意識を高めること、外的には職業や階級や役割などを明示することを目的としている。規制の強弱や規模の大小はあるが、画一に定められた服装はすべて制服の範囲に入る。その意味から、歴史上現れた、身分や階級を序列化した服装制度(服制)もこれに含まれる。
 現代の職業服としての制服は明治に始まる。洋装化を早急に実現させるために、明治政府が軍服や官公吏服にまず洋服を採用したが、それが現在の制服の基礎となっている。1870年(明治3)に制定された陸軍服(フランス式、のちにドイツ式に改正)と海軍服(イギリス式)は、改正を繰り返しながら第二次世界大戦終了まで維持された。また翌71年には郵便夫と邏卒(らそつ)(警官)、72年には鉄道員の制服が定められ、いずれも現在の官公服に受け継がれている。女子の職業服は、職場が少なかったことと、和服にエプロン姿が作業衣でもあったため、明治の制服としては看護服しか存在しなかった。看護服は94年に日本赤十字社によって初めて制定されている。女性の職場が広がり始めた大正から昭和の初めにかけて、バスの車掌や百貨店の店員などに制服が採用され、一般女性の洋装化を促すことになった。第二次大戦後は上っ張り程度にすぎなかった事務服や作業衣は、合繊の開発が進み、既製服産業も成長した昭和40年代から、素材や機能への配慮はもとより、ファッション性も加味された新しい制服が出現し、銀行、百貨店、量販店をはじめ各企業に採用されていった。[辻ますみ]

服制について

日本では飛鳥(あすか)時代の冠位十二階制が最初であり、養老(ようろう)の衣服令を経て、公家(くげ)の服制は平安時代の有職故実(ゆうそくこじつ)に発展する。鎌倉時代に始まる武家の服制は江戸時代まで維持されるが、江戸中期のたび重なる奢侈(しゃし)禁止令は、町人階級の富裕化を語っている。明治政府は華族制度を設けて礼服などの規定を行ったが、現憲法では廃止され、服制は特殊な職業にのみ残存している(法服、僧服など)。
 ヨーロッパにおいても、古代ローマに服制があり、中世・近世を通じて身分による規制は細部に及び、モード現象が現れた12世紀よりすでに禁止令がある。服制は、制定する支配者にとっては、権力と秩序を維持する手段であり、台頭する新興階級はそれを錯乱させることで、自らの勢力を効果的に示してきた。[辻ますみ]

学校での制服

企業などで制服を定めている場合もあるが、ここでは学校の制服について述べる。男子は、1879年(明治12)学習院で採用したのが最初である。女子は、官立では東京女子師範学校が85年に、私立では山脇(やまわき)学園が1919年(大正8)に採用している。その後、中学校の兵式体操を実施する便宜から急速に普及し、幼稚園から大学にまで及んだ。第二次大戦後、まず大学で制服を廃止し、昭和40年代の高校学園紛争では、生徒が制服廃止を叫んだこともあり、高校でもしだいに制服が減少している。公立中学校では、制服ほど型式や着用に関する規制の強くない「標準服」を定めている場合が多い。小学校では一般に制服を定めている例は少ない。しかし、大部分の私立学校では制服を維持している。
 制服を定め、児童・生徒に着用させることは、色彩感覚や服装に関するセンスの発達を弱めるという意見もあるが、児童・生徒に学校の一員であるという自覚や連帯感を促し、規律心を育てるだけでなく、華美な服装を競ったり、非行集団の服装をまねたりすることを防ぐなどの効果は無視できない。[三枝源一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐ふく【制服】
〘名〙
① 令制で、無位の者、庶民が朝廷の儀式に参列するとき着用すると規定された服装。衣は黄色。有位者の朝服に相当する。
※令義解(833)衣服「制服。无位〈謂。庶人服制亦同也〉皆縵頭巾。黄袍」
② 喪服を着ること。また、喪服着用の期間。
※権記‐長保元年(999)一二月五日「朝議定、心喪五月、制服三日者」 〔後漢書‐劉愷伝〕
③ 正規の服。定められた服装。学生、駅員、警察官など、ある集団に属する人が着る、色や形がきめられた衣服。ユニフォーム。
※新聞雑誌‐一〇号・明治四年(1871)八月「散髪制服(セイフク)略服脱刀等自今勝手たるべく」 〔管子‐立政・服制〕
④ (━する) 相手の力を制し、つき従わせること。征服。
※日本外史(1827)一「是以大権在上、能制服海内

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

制服
せいふく
令(衣服令)で定められた服装の一種。➡ 朝服

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

制服
せいふく
ユニフォーム」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

制服」の用語解説はコトバンクが提供しています。

制服の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.