Rakuten infoseek

辞書

利休【リキュウ】

デジタル大辞泉

りきゅう〔リキウ〕【利休】
千利休(せんのりきゅう)
利休形(がた)」「利休下駄(げた)」などの略。
[補説]作品名別項。→利休

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りきゅう【利休】[書名]
星川清司による千利休の伝記小説。平成6年(1994)刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

利休 りきゅう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

利休
1989年公開の日本映画。監督・脚本:勅使河原宏、原作:野上彌生子、脚本:赤瀬川原平、撮影:森田富士郎。出演:三國連太郎三田佳子松本幸四郎田村亮岸田今日子北林谷栄、山崎努ほか。第44回毎日映画コンクール撮影賞受賞。第13回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞(三國連太郎)ほか受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

りきゅう【利休】
「利休下駄りきゆうげた」の略。
料理で、材料にゴマを加えて調理したもの。 「 -煮」 〔千利休が料理にゴマをよく用いたことからといわれる。料理では「休」の字を忌んで「利久」と表記されることが多い〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りきゅう リキウ【利休】
[2] 〘名〙
① (形動) おろかなこと。また、そのさま。京坂地方の遊里の語。
※評判記・満散利久佐(1656)金太夫「すぐれてきゃしゃにはあれど、利休なり」
※洒落本・傾城買指南所(1778)「はなかみ袋も、利久(リキウ)じゃねい。まだ、くろらしゃの二ツおりさ」
※父親(1920)〈里見弴〉「花崗石の甃石に利休の歯を鳴らしながら」
※風俗画報‐一一二号(1896)流行門「紫紺に違ひ絣、利休(リキウ)に網代等至極好し即ち是れ等の物を上着とし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利休」の用語解説はコトバンクが提供しています。

利休の関連情報

他サービスで検索

「利休」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.