Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

別納所【べちのうしょ】

世界大百科事典 第2版

べちのうしょ【別納所】
院や公卿の家政機関の中の一つ。《拾芥抄》には,院庁内の役所として召次所,仕所(さぶらいどころ),御服所,御厨子所(みずしどころ),進物所,文殿(ふどの),所衆(ところのしゆ)(蔵人所),武者所,御随身所(みずいしんじよ),御厩(みうまや)と並んで別納所があげられている。院庁の別納所には役人として年預(ねんよ)が置かれていたようで,《葉黄記》寛元4年(1246)閏4月27日条には,別納所年預景資逝去の替りとして重俊という者が補せられたことがみえている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

べちのう‐しょ ベチナフ‥【別納所】
〘名〙 上皇の院司(いんし)の一つ。上皇の食糧や日常用及び儀礼の用具などの収納・保管・供給に当る。また、その人。べちのう。
※葉黄記‐寛元四年(1246)五月一八日「参院〈略〉八幡御精進、門々立札、又御湯殿具別納所進之、大文御座二枚同進之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別納所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

別納所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.