Rakuten infoseek

辞書

【ハン】

デジタル大辞泉

はん【判】
文書などに押して、しるしとするもの。印判。印形(いんぎょう)。はんこ。また、そのしるし。「書類にをもらう」
書き判。花押(かおう)。
《「ばん」とも》紙や本などの大きさの規格を示す語。「A5」「新書
物事の優劣・可否などを見分け定めること。判定。
「この―仕うまつり給ふ」〈・絵合〉
判決。さばき。
「国の守の―にいはく」〈沙石集・九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【判】[漢字項目]
[音]ハン(呉)(漢) バン(慣) [訓]わかる
学習漢字]5年
〈ハン〉
二つに分かれる。「剖判(ほうはん)」
はっきり見分ける。「判断判定判読判別批判評判(ひょうばん)
区別がはっきりする。「判然判明
疑わしいことに白黒をつける。「判決判事判例公判裁判(さいばん)審判(しんぱん)
はんこ。印形(いんぎょう)。「印判(いんばん)血判(けっぱん)贋判(にせはん)連判(れんぱん)三文判(さんもんばん)
紙・書籍などの大きさ。「判型(はんがた・はんけい)
〈バン〉
紙・書籍などの大きさ。「大判菊判
昔の金貨。「判金大判小判
[名のり]さだ・ちか・なか・ゆき
[難読]判官(ほうがん)判官(じょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はん【判 pàn】
中国では,断罪理由を連ねた判決文をいう。日本の歌合句合において優劣の判定を述べる判の詞(ことば)とは異なり,かなり長文になるのが通例。唐代に始まるようで,唐の判は,四六駢儷文(べんれいぶん)を用い,荘重に朗誦できるように工夫されたが,宋代になると,古文体で判をしるす人も現れてきた。唐代以降,進士の試験には判が課されることになっていたので,受験参考書としての判の例文集も作られた。《遊仙窟》の作者として知られる張鷟(ちようさく),字は文成の《竜筋鳳髄判》4巻(《判決録》ともいう)などは,それである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はん【判】
是非や優劣を考えて定めること。 「 -を下す」
印。印形。はんこ。 「書類に-を押す」 「 -をつく」
書き判。花押かおう
〔連濁して「ばん」とも〕 「判型」の略。 「四六-」 「 A 5 -」
[句項目] 判で押したよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん【判】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん【判】
〘名〙
① 優劣・可否を見分けること。判断。判定。
※歌仙本順集(10C後)「くだし給へる判にいはく」
② さばき。判決。裁判。
※米沢本沙石集(1283)七「国の守の判(ハン)に云」 〔新唐書‐李元紘伝〕
書判(かきはん)。花押(かおう)
※宇津保(970‐999頃)国譲上「この二所みな得給て、かく書かせ奉り給て、御名をし給ふ。右の大殿にも、御はんせさせ奉り給ふ」
④ 文書などに押した印。印形印判
※日葡辞書(1603‐04)「Fanuo(ハンヲ) スユル〈訳〉手紙などの印(しるし)をつける。つまり署名する」
⑤ 紙や書籍などの大きさ。ばん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん【判】
〘名〙 紙や書物などの大きさ、また写真フィルムや印画紙などの画面の大きさ。多く語素的に用いる。美濃判、菊判、B6判、A4判、セミ判、三五ミリ判など。はん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はんじ【判】
〘名〙 (動詞「はんずる(判)」の連用形の名詞化) 判定。判断。また、その結果。
※浄瑠璃・相模入道千疋犬(1714)三「お腰元より姫ゆりにすいつくと姫君はんじ付給ひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん・じる【判】
〘他ザ上一〙 (サ変動詞「はんずる(判)」の上一段化) =はんずる(判)
三四郎(1908)〈夏目漱石〉三「話し声で判(ハン)じると三四人らしい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐・ず【判】
〘他サ変〙 ⇒はんずる(判)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐・ずる【判】
〘他サ変〙 はん・ず 〘他サ変〙
① 物事の優劣や可否などを判断する。また、歌合わせなどで批評を加え、優劣を比較して勝負を判定する。判じる。
※今昔(1120頃か)三「証人を以て判ぜしむるに」
② 推しはかって考える。考えて意味を解く。推考する。推測する。
※日葡辞書(1603‐04)「ユメヲ fanzuru(ハンズル)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

判の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.