Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

判官代【ホウガンダイ】

デジタル大辞泉

ほうがん‐だい〔ハウグワン‐〕【判官代】
院の庁に仕えた事務官。五位・六位の者を任じた。
平安時代以降、国衙(こくが)領荘園の現地にあって、土地の管理や年貢徴収などをつかさどった職。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はんがん‐だい ハングヮン‥【判官代】
〘名〙
※書言字考節用集(1717)三「判官代 ハングンタイ 仙洞官人」
※将門記(940頃か)「足立の郡の司判官代武蔵武芝と共に各不治の由を争ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほうがん‐だい ハウグヮン‥【判官代】
〘名〙
① 上皇および女院の院司の一つ。上皇の場合は、天皇在位中に仕えていた五位・六位の蔵人、女院の場合は、院号を受ける前に近侍していた判官を、そのまま当てることが多い。
※小右記‐寛和元年(985)正月二五日「三位中将従院被奏之事也、是判官代受領云々」
② 平安時代以降、国衙領・荘園の現地にあって、土地の管理・年貢の徴収などをつかさどった職。はんがんだい。
※将門記(940頃か)「武蔵の守興世の王、介源経基と足立の郡の司判官代武蔵武芝」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

判官代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

判官代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.