Rakuten infoseek

辞書

【ウイ】

デジタル大辞泉

うい〔うひ〕【初】
[名]最初。初め。
「我はけさ―にぞ見つる花の色をあだなるものといふべかりけり」〈古今・物名〉
[接頭]名詞に付いて、初めての、最初の、の意を表す。「産」「陣」「孫(まご)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うぶ【初/初心/産/生】
[名・形動]
(初・初心)世間ずれがしていないこと。ういういしいこと。また、そのさま。「そのまま信じるほど―ではない」
(初・初心)まだ男女の情を解しないさま。「―な娘」
(産・生)
㋐生まれたときのままであるさま。
「人間らしい崇高な生地を―の儘有(も)っているか解らないぜ」〈漱石明暗
㋑自然のままであること。また、つくられたままであること。
「品が―で、胡粉(ごふん)一つ剝げてないなんてものは」〈魯庵社会百面相
㋒(名詞の上に付けて)生まれたときの。生まれたときのままの。「―」「―毛」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ【初】[漢字項目]
[音]ショ(漢) [訓]はじめ はじめて はつ うい そめる うぶ
学習漢字]4年
〈ショ〉
物事のはじめ。はじめの時期・段階。「初夏初期初級初心初代初頭初歩最初太初当初年初
その時はじめて。経験上はじめての。「初学初見初婚初任初対面
〈はつ〉「初恋初耳初雪
〈うい〉「初陣
[名のり]もと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ【初】
初めてであること。初め。最初。「日本人の宇宙飛行士」「の試み」
名詞の上に付けて接頭語的に用い、初めての、新しい、などの意を表す。「公判」「霜」「春」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

はつ
1761-1783 江戸時代中期の女性。
宝暦11年生まれ。讃岐(さぬき)菅沢(高松市)の農民与七郎の養女養父(おい)八兵衛を婿にむかえ,2子を生む。夫が養母に虐待され家をでたあと,再婚をすすめられたため,子を八兵衛の母に託し操をたてて天明3年3月25日自殺した。23歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

うい【初】
最初。初め。 我はけさ-にぞ見つる花の色を/古今 物名
名詞の上に付いて、「初めての」「最初の」の意を表す。 -陣 -孫 -産

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ【初】
最初。はじめて。 お-にお目にかかる -の成功
名詞の上に付けて接頭語的に用い、はじめての、あるいは新しいの意を表す。また、その年はじめてのという意を表すことも多い。 -公開 -節句 -がつお -詣で -仕事

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うい うひ【初】
[1] 〘名〙
① 最初。初め。
※古今(905‐914)物名・四三六「はけさうひにぞ見つる花の色をあだなるものといふべかりけり〈紀貫之〉」
咄本・当世手打笑(1681)五「或女房懐妊しけるが、うゐの事なれば」
[2] 〘語素〙 名詞の上に付いて、「初めての、最初の」のを添える。「うい(こうぶり)」「うい産」「うい陣」「うい孫」など。
[語誌]「うい」は「生まれて初めて」の意で、類義の「はつ」は、ある一定の周期ごとの初回、たとえば、一日、一年などにおける最初の意であることが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うい‐うひ‥【初】
〘形シク〙 幼い。また、そのような状態である。未成熟だ。
※神代口訣(1366)「稚 宇比志也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ・む【初】
〘マ下二〙 ⇒そめる(初)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞめ【初】
〘語素〙 (動詞「そめる(初)」の連用形名詞化から) 動詞の連用形に付けて、その動作をはじめてすることをいう。「使いぞめ」「渡りぞめ」「書きぞめ」「(ひ)きぞめ」「食いぞめ」「笑いぞめ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ・める【初】
〘マ下一〙 そ・む 〘マ下二〙 (「そめる(染)」と同語源か。補助動詞として用いる) その行為がはじまる意、また、はじめられた行為や動作の結果が長くあとに残る意を表わす。
万葉(8C後)四・六一二「なかなかに(もだ)もあらましを何すとか相見始(そめ)けむ遂げざらまくに」
源氏(1001‐14頃)帚木「忍ぶれどこぼれそめぬれば、折々ごとに、え念じえず」
[補注]「思いそめる」「見そめる」「乱れそめる」などの「そめる」には、「染める」の意識の強い場合がある。→そめる(染)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ【初】
[1] 〘名〙
① はじめてであること。最初。「はつに」「はつで」の形で連用修飾語として用いられ、現代では、「おはつに」のような慣用語として用いることが多い。〔名語記(1275)〕
日葡辞書(1603‐04)「ミヤコエ マイッタ コトワ イマ fatçude(ハツデ) ゴザル」
② 「はつもの(初物)」の略。
※大鏡(12C前)二「官物のはつをさきにたてまつらせ給めり」
③ はじめて、その遊女屋へあがること。また、その客。転じて、男女の初情交をいう。初会(しょかい)
※歌舞伎・関東小六今様姿(1698)一「こな様とかうして居るが初でござんす」
[2] 〘語素〙 名詞または、動詞の連用形の上に付いて、はじめての、あるいは、あたらしいの意を表わす。特に、その年はじめての意で用いることが多い。「初風」「初雁」「初春」「初草」「初声」「初雪」「初節句」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

初の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.