Rakuten infoseek

辞書

初重【しょじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

初重
しょじゅう
日本音楽の用語。本来は人声の声域約3オクターブのなかの最低のオクターブをいったが,実際には低音域のいくつかの音だけをいったり,単に低音部をいい,さらには旋律形態名称としても用いられた。声明講式や,平曲などで用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょじゅう【初重】
日本音楽の用語。仏教音楽の声明(しようみよう)の音楽理論において,低・中・高の3段階の音域を区別する場合に,その低音域をいう。たとえば,3オクターブに及ぶ五音(ごいん)の配列においては,宮から羽をひとまとまりとして,もっとも低い音域のものを初重という。また,同じ詞章による短い旋律を,低,中,高と音高を変えながら3回反復して演唱するときには,その最初の句をいう。反復するときの音程関係は,理論的にはっきり規定されているものと,規定されていないものとがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しょ‐じゅう ‥ヂュウ【初重】
〘名〙
① 物事の、最初の段階。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 声明(しょうみょう)の講式や平家琵琶(びわ)などで、最低の音域で歌われる部分。→講式
※太平記(14C後)二一「真都(しんいち)三重(ぢう)の甲を上れば、覚一初(ショ)重の乙に収て歌ひすましたりければ」
③ 重箱の、いちばん上の段。
※料理早指南(1801‐04)二「初重(ショジウ)魚るい、二重め精進、三重め鮮詰(なまづめ)、四重めむし菓子と仕組たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初重」の用語解説はコトバンクが提供しています。

初重の関連情報

他サービスで検索

「初重」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.