Rakuten infoseek

辞書

初誕生【はつたんじょう】

妊娠・子育て用語辞典

はつたんじょう【初誕生】
生まれて初めて迎える「お誕生日」つまり1歳のお誕生日のお祝いです。日本は「数え年」つまり元旦ごとにプラス1歳、と数えてきたので、「誕生日」を祝う風習はありませんでした。誕生日祝いは欧米から入ってきたものといわれています。ただし、日本でも昔からこの1歳のお誕生日だけは盛大に祝う風習がありました。昔は生後間もなく亡くなる赤ちゃんが少なくなかっただけに、無事1歳まで育った喜びとこれからの健康を願っての儀礼なのです。おもちをついて、そのもちを赤ちゃんに背負わせたり、おしりやすねに「ぶつける」風習もあります。

出典:母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

初誕生
満一歳の誕生日。毎年の誕生日を祝う風習は、本来、日本にはなく、初誕生日だけに限られていた。祝い方は土地によって違うが、男児の場合はをつき、女児の場合は赤飯を炊き、産婆親戚、近隣を招いて祝う。満一歳の頃には立ち歩きができる子は早く家を離れるとされ、評判が悪く、そういう子には一升餅を背負わせる風習があった。逆に歩けない子に対しては、一升餅で子供の腰を打つまねをする。また、この初誕生日にはエラビドリの儀式をする。男児の場合は筆・そろばん・本・ものさしを置き、女児の場合はものさし・糸巻き・筆・はさみを置き、子供が何を最初に手にするかで、その子の将来を占う儀式である。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

はつたんじょう【初誕生】
初誕生日の祝い。日本の庶民伝承では誕生日の祝いは,ほとんど生後満1年の初誕生に限られていた。初誕生の祝いは地方によってムカワリ,ムカイドキ,タイジョウ,タンカヨイなどとよび,誕生餅をついて,産婆や親戚,近隣を招いて祝う。満1年ころは立歩きができるようになり,飛躍的な成長をみせる時期なので,ハツアルキを中心にしたさまざまな儀礼が行われている。この日つく餅を力餅,タッタリ餅,立ち餅,ブッサリ餅などという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

初誕生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

初誕生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.