Rakuten infoseek

辞書

初穂料【ハツホリョウ】

デジタル大辞泉

はつほ‐りょう〔‐レウ〕【初穂料】
神道で、儀式のときに神前にささげる供物の金品。→初穂3

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結婚式・ウェディング用語集

初穂料
初穂料(はつほりょう)とは、神社で挙式するときに、挙式料のかわりとして「神様に奉納する金銭」として納めるお金のことをいいます。初穂料には、神殿使用料の他に、誓詞や神職や巫女への謝礼などが含まれています。結婚式場内の神殿で挙式する場合には初穂料ではなく挙式料といいます。また、神様に捧げる玉串に因んで、「玉串料」「御玉串料」とも呼ばれます。初穂とは、その年に初めて収穫された米のことをいいます。初穂料の起源としては、昔、初穂を最初に神前に捧げることで豊作の恩恵に感謝をする風習がありました。それがやがて農作物や魚類などの初物(はつもの)も、広い意味で初穂として神前に供えるようになりました。これに因んで、初穂は神前に供えるものという意味を持つようになり、神前に納める金銭のことを初穂料と呼ぶようになりました。

出典:ウェディングプリンセス
©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はつほりょう【初穂料】
神仏に奉納する金銭。また、その金銭を入れる袋に書く上書きの語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初穂料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

初穂料の関連情報

他サービスで検索

「初穂料」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.