Rakuten infoseek

辞書

初段【ショダン】

デジタル大辞泉

しょ‐だん【初段】
最初の段階。
武道囲碁将棋などで、最下位段位。また、その段位を得た人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょだん【初段】
最初の一段。
碁・将棋・柔道・剣道・珠算などで、技量に応じて与える段位の最初のもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐だん【初段】
〘名〙
最初の段階。
※栂尾明恵上人伝記(1232‐50頃)上「初段の金剛手〈略〉句の下、経の終を尽くす」
※西洋学校軌範(1870)〈小幡甚三郎訳〉仏蘭西学校「其教法は初段の教へなく、凡て諸科上等の教を授くる学校にして」
② 浄瑠璃の最初の段。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第九「さく花をまてば初段を語出す 鶯よりも其子なかすな」
③ 囲、将棋、柔道剣道などの技量の位付けをいう段の最初のもの。
※滑稽本・古今百馬鹿(1814)上「碁敵(ごがたき)はありといへども、象戯敵(しゃうぎがたき)といふものいまだ是をきかず。初段よりはじめて幾段とよばるるものに、いざこざはたえてなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初段」の用語解説はコトバンクが提供しています。

初段の関連情報

他サービスで検索

「初段」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.