Rakuten infoseek

辞書

初夏【ショカ】

デジタル大辞泉

しょ‐か【初夏】
夏のはじめ。はつなつ。 夏》「建ちてすぐ薪割る水辺―の家/月舟」
陰暦4月の異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ‐なつ【初夏】
夏のはじめ。しょか。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょか【初夏】
夏の初め。首夏。はつなつ。 [季] 夏。
陰暦四月の異称。孟夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつなつ【初夏】
夏のはじめ。しょか。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐か【初夏】
〘名〙
のはじめ。《・夏》
※凌雲集(814)餞右親衛少将軍朝嘉通奉便慰撫関東探得臣〈嵯峨天皇〉「離庭物侯雖初夏、向処風烟未春」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉八「初夏の晩風猶ほ肌に冷かなれば」 〔孫逖‐奉和上陽水窓賜宴応制詩〕
② 陰暦四月の異称。《季・夏》 〔俳諧増山の井(1663)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ‐なつ【初夏】
〘名〙 夏のはじめ。しょか。《季・夏》
鳥影(1908)〈石川啄木〉四「初夏(ハツナツ)の風が心地よく窓に入る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初夏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

初夏の関連情報

他サービスで検索

「初夏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.