Rakuten infoseek

辞書

初七日【しょなぬか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

初七日
しょなぬか
しょなのか」ともいう。人の死亡後の7日目をいい,仏教ではこの日に法要を営む。なお死後 49日までのの,7日ごとの法要を,中陰法要という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょ‐しちにち【初七日】
しょなのか(初七日)」に同じ。
初めの7日間。〈日葡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ‐なのか【初七日】
《「しょなぬか」の音変化》人の死んだ日を含めて、数えて7日目の日。また、その日に営む法要。しょしちにち。しょなぬか。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ‐なぬか【初七日】
しょなのか(初七日)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

初七日
故人が亡くなった日から7日目にあたる日。また、その日の法要のこと。一般的には、初七日還骨回向とあわせて営みます。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

しょなのか【初七日】
死後7日目,およびその仏事。748年(天平20)に元正天皇の初七日の法要が飛鳥寺で行われたのが初見で,このとき以来,初七日からはじまる7日目ごとの仏事が行われるようになった。初七日を現在では荒火明けといい,この日まで家にこもり葬式の事を行っていた喪家の親族一同が,近隣の者とともに酒飯を食する日,葬事の終了を意味する日でもある。たとえば,滋賀県の塩津浜では初七日まで〈死者の寝ていたところをひやすな〉といってそこに喪主が寝たり,初七日の当日,葬式を手伝ってくれた人に酒食を供する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょしちにち【初七日】
しょなのか(初七日)に同じ。
最初の七日間。 日葡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょなぬか【初七日】
しょなのか初七日

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょなのか【初七日】
(仏教で)人の死後七日目。また、その日に行われる仏事。しょなぬか。しょしちにち。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

初七日
しょなぬか
死亡後7日目、またその日の供養行事。「しょなのか」ともいう。死の忌みは7日ごとに明けていくものと考えられていたから、初七日は最初の、厳重な忌みの明ける機会である。血縁の遠い人は日常生活に戻る。遺族は墓参して土饅頭(どまんじゅう)の土を固め、家では壇(だん)ばらいといって祭壇をかたづけ、位牌(いはい)を仏壇に祀(まつ)り替える。また僧を招いて読経(どきょう)してもらい、親族・知友も集まってくる。あとで精進(しょうじん)料理で精進上げ(精進落とし)をする。近年は親族・知友も遠方に居住する人が多いので、初七日を葬式直後に済ませてしまう例がみられる。[井之口章次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐しちにち【初七日】
〘名〙
① 最初の七日間。
※御伽草子・てこぐま物語(室町時代物語大成所収)(室町末)「しょ七日はやくしのはう、二七日はくゎんおん、三七日になりしかば、なひばくげばくのゐんをむすび」
② 人が死んでから七日目に当たる日。しょなのか。しょしち。
※霊異記(810‐824)中「初七日の朝に、三宝の前に置きて」
※増鏡(1368‐76頃)八「御初七日に、大宮院御髪おろす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ‐なぬか【初七日】
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉九一「初七日(ショナヌカ)過ぎて少許(すこし)の銭を後に遺りし女に恵み」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ‐なのか【初七日】
〘名〙 人の死後、重い忌の期間のあける七日目にあたる日。また、その日に行なう法事。一切の労働を禁じて忌籠るとされる。軽い忌のあけるのは四九日目が多い。しょなぬか。しょしちにち。新願忌。
※滑稽本・魂胆夢輔譚(1844‐47)初「もう初七日(ショナノカ)は済んだらう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初七日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

初七日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.