Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

【ケイ】

デジタル大辞泉

けい【刑】
罪を犯した者に科せられる法律上の制裁。刑罰。「懲役三年の」「に服する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【刑】[漢字項目]
常用漢字] [音]ケイ(漢) ギョウ(ギャウ)(呉)
罪を犯した者を罰すること。仕置き。「刑事刑罰刑法・刑務/寛刑求刑極刑厳刑減刑死刑私刑実刑受刑処刑体刑流刑量刑
(「」と通用)手本。模範。「儀刑
(「」と通用)形として現れたもの。実績。「刑名
[名のり]のり
[難読]刑部省(ぎょうぶしょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょう【刑/形】[漢字項目]
〈刑〉⇒けい
〈形〉⇒けい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けい【刑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

けい【刑】
〘名〙 法律や規則によって、罪を犯した人に罰を加えること。しおき。刑罰。
※続日本紀‐神亀二年(725)一二月庚午「詔曰、死者不生。刑者不息。此先典之所重也」 〔易経‐坤卦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐・する【刑】
〘他サ変〙 けい・す 〘他サ変〙 刑に処する。処刑する。死刑にする。
※太平記(14C後)一二「君不見乎、申生死而晉国乱、扶蘇刑而(ケイセられて)秦世傾」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐・す【刑】
〘他サ変〙 ⇒けいする(刑)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

刑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.