Rakuten infoseek

辞書

刎頸の交わり【フンケイノマジワリ】

デジタル大辞泉

ふんけい‐の‐まじわり〔‐まじはり〕【××頸の交わり】
《「史記藺相如伝から》そののためなら、たとえ首を切られても悔いないくらいの親しい交際。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふんけいのまじわり【刎頸の交わり】
史記 廉頗藺相如伝
首を斬られても悔いないほどのかたい友情で結ばれた交際。生死を共にするほどの親密な交わり。 → 廉頗れんぱ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

刎頸の交わり
ふんけいのまじわり
(くび)を刎(は)ねられても悔いない親密な交友という意で、生死をともにする親しい間柄をいう。中国、戦国時代の趙(ちょう)の武将廉頗(れんぱ)は、藺相如(りんしょうじょ)が秦(しん)との外交交渉に成功を収めて帰国し、自分より上位の上卿になったのを怒って、彼を路上で辱めようとしたが、藺はこれをよく忍んで逃げ隠れ、「両虎(りょうこ)相争い国家を危うくする」と語った。のちにこれを伝え聞いた廉は大いに恥じ、藺の門に至って謝罪し、「卒(つい)に相与(あいとも)に驩(かん)して、刎頸の交をなす」と伝える『史記』「廉頗藺相如伝」の故事による。[田所義行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふんけい【刎頸】 の 交(まじ)わり
たとえ首を斬られても悔いないほどの深い友情で結ばれた交際。生死をともにする親しい交わり。刎頸。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)張陳第二「刎頸交とは互に刎頸ともかへりみまいぞ」 〔史記‐廉頗藺相如伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刎頸の交わり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

刎頸の交わりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.