Rakuten infoseek

辞書

切符【キップ】

デジタル大辞泉

きっ‐ぷ【切符】
金銭支払い済みの証拠となる紙片。乗車券・入場券・観覧券など。「電車の切符
品物の引き換え、配給などのしるしに使う券。「交通違反の切符を切られる」「衣料切符
出場できる資格や権利。「甲子園への切符を手にする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きり‐ふ【切符】
租税などの割り当てを記した文書。年貢公事支配状
割符(さいふ)
和船建造で、所要部材の寸法数量などを詳細に記した書。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きっぷ【切符】
〈きりふ〉とも読む。平安末期ころから租税などの納入命令書,あるいは為替などの証券の意味に用いられた。現在では入場券または乗車乗船券などを切符と呼んでいるが,第2次世界大戦およびその前後の物資統制時代には衣料品の配給を受けるための衣料切符などがあった。劇場や相撲場が芝居茶屋相撲茶屋を介さずに直接入場券を売る切符制度を採用したのは,1911年3月に開場した東京の帝国劇場にはじまる。その切符は英語のticketをなまって〈テケツ〉と呼ばれ,やがて映画館や劇場の入口でそれにはさみを入れる女性たちをもテケツあるいはテケツ・ガールなどと呼んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きりふ【切符】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きっぷ【切符】
運賃や入場料などを支払った証拠となる紙片。
特定の物品の購入や引き換えに用いる紙片。
(比喩的に、競技会などに出場する)資格や権利。 決勝進出の-を手にする
違反切符のこと。
割符さいふ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きりふ【切符】
年貢・公事くじなどの割り当てを記した文書。きっぷ。
割符さいふに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きっ‐ぷ【切符】
〘名〙
② =きりふ(切符)②〔前田本下学集(室町末)〕
④ 乗車船の際や劇場などに入場する際に、料金支払済みを示す紙片チケット。〔和蘭字彙(1855‐58)〕
※金毘羅(1909)〈森鴎外〉「新橋行の二等の切符と急行券とを」
⑤ 商品を買うことのできる証券。また、特定の品物の受け渡し、配給のしるしに使う券。衣料切符など。
※風俗画報‐二三四号(1901)倉庫「切符を与へ、以て現品払渡口より受取るべき順序なり」
⑥ 納税の通知書。
⑦ 交通違反をしたときに警察が違反者に渡す書類。
⑧ (比喩的に) あるものごとをすることができる権利や資格。「本選出場のきっぷを獲得する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きり‐ふ【切符】
〘名〙
① 租税などを割り当てる文書。貢納すべき数量を記載する。年貢、公事などの支配状。きっぷ。
※中右記‐康和四年(1102)七月一一日「御寺木守泉木津下人等、依山城国司切符、院下部庁官等責催之処、去夜御寺大衆乱発、行向凌礫院使了」
② 為替(かわせ)手形。金銭などの支払い証券。割符。切手(きって)。きっぷ。
※親長卿記‐文明五年(1473)一一月七日「仍千疋切符、今日到来」
③ 家臣等に支給する一定額の手当て。きっぷ。
※言経卿記‐天正一八年(1590)一一月二六日「御つほねねうはうのきりふなとは、御さとより御まかないたるへく候」
④ 和船建造の際、所要部材の寸法、数量などを詳細に記した寸法書。
※大住吉丸御造替日記(1826)「従先年、御船造替有之節は御船大工より切符差越候上にて杣取申付候得共」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切符」の用語解説はコトバンクが提供しています。

切符の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.