Rakuten infoseek

辞書

分類【ぶんるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

分類
ぶんるい
sorting
ソート,ソーティングともいう。情報を分類すること,あるいはある規則に従った並べ換えをいう。分類はデータ処理の基本であって,各種のソーティングのプログラムが用意されているのが普通である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶん‐るい【分類】
[名](スル)事物をその種類・性質・系統などに従って分けること。同類のものをまとめ、いくつかの集まりに区分すること。類別。「五十音順に分類する」「分類表」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

分類
多数の商品を扱う小売業では、特に、商品を分類し、数値管理をしていく必要がある。どの単位で分類するか、なにを管理するかに、明確に定められている企業は分類が明確になっている。分類は整理のひとつの手がかりであり、店の個性の表現であり、従業員の能力を高める手段であり、キメ細かな管理を実現する方法であり、問題見を助ける手がかり小売業における分類体系は、大きく3つに分かれる。マーチャンダイジング分類、マーケティング分類、管理分類の3つである。マーチャンダイジング分類は、商品の分類で品群品種品目・集合単品・絶対単品に区分される。マーケティング分類は顧客のニーズを探る分類でクラス・サブクラスに分類される。管理分類は売上・利益の管理単位、いわゆる組織分類で部門・課・係などに分類される。この3つが上手く機能することによってPOSで得られたデータが有効に利用できるようになる。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんるい【分類 classification】
〈分類〉とは文字どおり,対象を類に従って(似たものをまとめて)分けることであるが,〈類別〉とは違って,全体を共通性に従って大きく分け,分けたものをさらにまた共通性に従って細分し,これ以上分けることのできない個体の一つ手前(種という)まで順次分けていって段階づけ,体系化することをいう。 分類するという営為はおそらく人類の歴史とともに古く,植物や動物にすでに見られるように,自分と同類のもの(とくに異性)とそれ以外のものに分けることが始まりであったと見られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんるい【分類】
( 名 ) スル
ある基準に従って、物事を似たものどうしにまとめて分けること。 「図書を-する」
〘論〙 〔classification〕 物事を徹底的に区分し、類種系列の形をとった体系を形成すること。 → 区分

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

分類
(1)事象の中にクラスを概念的に認識し,ついでクラス間の関係性を認識する過程のこと.次の累積的な段階の一つまたはいくつかを含む.〈1〉概念に名辞を与え,ほかの概念と区別できるようにする.〈2〉概念間の関係性を定める.〈3〉それらを構造的に表示する.〈4〉さらに線形に表示する.〈5〉その順序を何らかの記号法によって表現する.第3段階までが広義定義といえる.この段階では,体系化されたいわゆる分類表のようなものに限定せず,語彙統制のために構造化されたシソーラス件名標目表をも含む.他方,第4段階以降をも包括するものが狭義の定義といえる.(2)資料に対して,分類表を用いて分類記号を付与する作業.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐るい【分類】
〘名〙 事物を共通な性質に基づいて種類に分けること。同類のものをまとめ、全体をいくつかに区分して体系づけること。
※史記抄(1477)四「王状元十朋が分類したる東坡が詩の第一紀行の始めに」 〔新唐書‐刑法志〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分類の関連情報

他サービスで検索

「分類」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.