Rakuten infoseek

辞書

分際【ブンザイ】

デジタル大辞泉

ぶん‐ざい【分際】
《古くは「ぶんさい」とも》
身分・地位の程度。身のほど。分限。大した身分でもないのに、という軽蔑(けいべつ)の気持ちを込めて用いることが多い。「学生の分際でぜいたくだ」
それぞれに応じた程度。ほど。
「我が―を知りて、その果報の程にふるまはば」〈沙石集・一〇本〉
分量。数量。
「ここにて敵の―を問ふに」〈太平記・三六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶんざい【分際】
身分の程。身の程。ぶん。 「子供の-で生意気なことを言う」
それぞれの人や物に応じた程度。また、物事の程度や状況。 「敵に勢の-を見へじと/太平記 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐ざい【分際】
〘名〙 (「ぶんさい」とも)
① その人、その物それぞれに応じた程度。分斉。
※名語記(1275)二「分のほどをさしていへる義也」
※福音同盟会と大挙伝道(1901)〈植村正久〉「自らの分際を揣(はか)らずして伝道せんと試み」 〔史記‐儒林伝・序〕
② 身のほど。身分の程度。分限。分斉。
建武式目(1336)一三条「可礼節事〈略〉凡上下各守分際、言行必可礼儀乎」
※足利本論語抄(16C)憲問第十四「伯寮が分才で天命をばゑはかるまいぞ」
③ 分量。数量。
※建武式目(1336)一〇条「仮令雖百文之分際、為賄賂者、永不仕其人
※太平記(14C後)三六「爰にて敵の分際(ぶんサイ)を問ふに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分際」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分際の関連情報

他サービスで検索

「分際」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.