Rakuten infoseek

辞書

分節運動【ブンセツウンドウ】

デジタル大辞泉

ぶんせつ‐うんどう【分節運動】
哺乳類の小腸などにみられる運動一定間隔腸管が収縮してくびれ、多数の分節に分けたようになるのが特徴。腸内容物と消化液とを混合する役をする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんせつうんどう【分節運動】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

分節運動
ぶんせつうんどう
哺乳(ほにゅう)類の消化管にみられる運動形式の一つ。腸の内容物をこねてかき混ぜることに役だつと考えられている。周期的な分節運動は、まず輪状筋が数センチメートルの間隔を置いて収縮してくびれをつくり、数秒置いてくびれの間がさらにくびれて内容を分割し、隣のくびれの内容と混ざった塊をつくることからなっている。この運動は毎分10回から20回程度の頻度で生じる。消化管の蠕動(ぜんどう)運動においては、伝播(でんぱ)性の収縮波が一方向に伝わり、その内容物は収縮波の伝わる方向に移送されるのに対して、分節運動では内容物が一方向に送られることはない。分節運動の頻度はヒトでは十二指腸で高く回腸で低いが、ウサギでは小腸の下部で高いといわれている。[村上 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんせつ‐うんどう【分節運動】
〘名〙 哺乳類の小腸に見られる消化運動。一定間隔を置いて腸管がくびれたように縮む蠕動運動により、内容物を輸送したり混合したりする。〔人体の機能(1952)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分節運動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分節運動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.