Rakuten infoseek

辞書

分派【ブンパ】

デジタル大辞泉

ぶん‐ぱ【分派】
[名](スル)
主となるものから分かれ出ること。また、分かれたもの。
「阿蘇の―の一峰の右に」〈独歩・忘れえぬ人々〉
主となる勢力から分かれて別に一派をなすこと。また、その一派。「分派を立てる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶんぱ【分派】
スル
枝のように分かれ出ること。また、分け出すこと。また、そうして分かれたもの。 小樽、旭川、帯広、釧路、室蘭地方へ、社員を-したところだ/放浪 泡鳴
団体などで、主流となるものから分かれ出ること。また、その分かれ出た流派や仲間。 → 教団 主流から-する -活動

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐ぱ【分派】
〘名〙
① 枝のように分かれ出ること。また、その分かれたもの。
※杏陰集(1642頃か)六・河上落葉「欲軽舟落処、両河分派既流紅」 〔張率‐河南国献舞馬賦〕
② 流儀・政党・学説・団体などが、主となるものから分かれて出ること。また、その分かれ出た流派や仲間。
※狂雲集(15C後)扶起東福寺荒廃盖因美少年之旧交「東福分派南禅寺、千歳猶輝恵日山」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.