Rakuten infoseek

辞書

分泌【ブンピツ】

デジタル大辞泉

ぶん‐ぴつ【分泌】
[名](スル)生体が細胞から特有の代謝産物を排出すること。分泌を行う細胞(せん)細胞といい、ホルモンなどを体内に出す内分泌と、などを体外に出す外分泌とがある。ぶんぴ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶん‐ぴ【分泌】
[名](スル)ぶんぴつ(分泌)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

分泌
 細胞が細胞外へ有用な物質を排出すること.ホルモンや酵素などについていう.代謝生成物の排出は普通分泌といわず,排出,排泄などの用語を用いる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんぴつ【分泌 secretion】
細胞が,過剰なまた代謝産物外部へ放出すること。放出される生産物は分泌物と呼ばれる。動物ではふつう,分泌活動をとする細胞は集合して分泌腺を形成する。消化腺皮膚腺のように,分泌物を体腔や体外に導く管を備える場合,これを外分泌と呼ぶのに対し,分泌物を直接血液や体液中に放出するのは内分泌である。内分泌される物質はホルモンと総称される。分泌細胞すなわち腺細胞は,小胞体ゴルジ体がよく発達し,分泌物が顆粒(かりゆう)やとなっていることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんぴ【分泌】
スル
「ぶんぴつ(分泌)」の慣用読み。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんぴつ【分泌】
スル
細胞が生体にとって特殊な用途をもつ生産物を排出すること。そのような機能をもつ細胞を腺せん細胞といい、それによって構成される器官を腺という。分泌の形態によって内分泌と外分泌とに分ける。ぶんぴ。 ぶんぴは慣用読み。江戸期の医範提綱(1805年)にある蘭医学の用語。幕末以降英語 secretion の訳語となる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

分泌
ぶんぴつ
細胞が細胞内で合成された物質または細胞の代謝産物を細胞外に放出する現象。「ぶんぴ」ともいう。放出された物質を分泌物という。分泌物が生体にとって不用な場合は排出といって区別する。後生動物ではこのような分泌を行う細胞を腺(せん)細胞または分泌細胞といい、腺細胞が集まってつくる組織または器官を腺という。分泌には外分泌と内分泌とがあり、分泌物を外部に導出する管をもつ外分泌腺と、特別の導管がなく体液中に分泌物を直接に放出する内分泌腺が区別される。
 分泌細胞内でつくられた分泌物が細胞外に放出される形式には全分泌、離出分泌、漏出分泌の三通りがある。全分泌とは、分泌物が充満するため核が萎縮(いしゅく)し、死んだ細胞が全体として分泌されることをいう(皮脂腺、腸の杯(はい)状細胞など)。離出分泌では、分泌物が細胞の表層近くに集まり突出し、突起の付け根がくびれて離れる(離出汗腺、乳腺など)。漏出分泌は、電子顕微鏡を用いた観察により、さらに開口分泌と透出分泌に分けられる。開口分泌はエキソサイトーシスともよばれ、限界膜に包まれた分泌顆粒(かりゅう)が細胞膜と癒合し、開口した癒合点から内容物が外へ放出される形式である(膵臓(すいぞう)外分泌腺細胞、唾液(だえき)腺の漿液(しょうえき)細胞など)。一方、透出分泌とは、細胞膜の変形なしで内容物が細胞外へしみ出る形式をいう。
 分泌物としてタンパク質性物質を多量に生産する細胞には、粗面小胞体がよく発達している。ムチンを主成分にする粘液を分泌する細胞はムチカーミンやシッフ試薬によく染まる。皮脂腺のように脂肪を分泌する細胞には、小管状の滑面小胞体がよく発達し、絨毛(じゅうもう)状のクリスタをもつミトコンドリアがある。
 動物に発達している腺には、その生態や生活史と関連して特殊な機能を発揮するものがある。たとえば、海産硬骨魚類のえらにある塩類細胞は血液中の塩類を排出し、ハトの(そのう)は雛(ひな)を育てるためのミルクを分泌し、また、カイコの絹糸腺は生糸を吐出する。このほか、同種と異種を区別するにおい物質を分泌する特殊な腺もある。[川島誠一郎]

植物における分泌

植物の場合には、特殊な分泌細胞、あるいは分泌細胞が集まって分泌物を含有する分泌組織がある。分泌組織には、分泌物を細胞内に含むもの、長い管状組織となったもの、細胞間隙(かんげき)が発達して袋状になったものなどがあり、分泌物としては、タンニン、精油、乳液、粘液、油脂、ゴムなどがある。蜜(みつ)を分泌する蜜腺やタンポポの乳管、マツなどの樹脂道が分泌組織の例である。生理的に重要な分泌物として、ホルモンや酵素などがある。オオムギの種子の胚(はい)から植物ホルモンであるジベレリンが分泌され、このジベレリンの作用で糊粉(こふん)層からアミラーゼ(酵素)が胚乳へ分泌される例は有名である。[吉田精一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐ぴつ【分泌】
〘名〙
① 液が外ににじみ出ること。特に、細胞が生命の維持に必要な物質を産出し、それを細胞外に放出する現象。
※医範提綱(1805)三「腺は血を動脈に受け其中の諸液を分泌するの器なり」
② 岩石の割れ目やすきまに沿って、鉱物質を溶かした水がしみ出して鉱物を沈殿させること。〔英和和英地学字彙(1914)〕
[語誌]①の挙例「医範提綱」など、はじめは蘭医学の用語として用いられたが、幕末から明治初期にかけて英語 secretion の訳語として定着した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶん‐ぴ【分泌】
〘名〙 =ぶんぴつ(分泌)〔現代語大辞典(1932)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

分泌

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分泌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分泌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.