Rakuten infoseek

辞書

分散【ぶんさん】

デジタル大辞泉

ぶん‐さん【分散】
[名](スル)
物事がばらばらに分かれ散ること。また、分け散らすこと。「分散して宿泊する」
物理学で、同一媒質中の波の進行速度が、振動数によって変化する現象。光が波長によりスペクトルに分解することなど。
化学で、一つの相になっている物質中に、他の物質が微粒子の状態で散在している現象。
資料の散らばりぐあいを表す値。各値と平均値との差を2乗し、算術平均したもの。分散の正の平方根が標準偏差となる。
江戸時代、借金を返済しえないとき、債権者全部の同意を得て財産の全部を提供し、額に応じて債権者に割り当てて返済すること。現在の破産にあたる。
「明日―にあうても」〈浮・胸算用・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

分散
 一群のデータが平均値からどの程度ばらついているかの指標に使われる.平均値から各データの値を引いて,それを二乗し,総和をとり,データの数から1を引いた値で除したもの.平方根をとると平均値からの標準偏差が求められる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド用語集

分散
分散とは偏差自乗和の平均によって得られるデータのばらつきの大きさを示す基本統計量のことをいう。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんさん【分散 variance】
統計学において資料の分布の散らばりの程度を示す量の一つで,そのうちもっとも典型的なもの。離散型の確率変数Xが値xiを取る確率をpiとし,取り得る値の全体はn個(x1,x2,……,xn),μをXの平均としたとき,によって与えられる量が分散である。またXが連続型の分布F(x)に従うときには積分,によって与えられる。一般にはXの分布,平均μは未知であるから,piの代りに度数分布fi/N,平均μの代りに標本平均,を用いて標本分散,を定義し代用することも多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶんさん【分散 dispersion】
(1)波などの振動に関する物質定数が,振動数によって変わる現象。例えば,光に対する媒質屈折率が波長によって変化する現象が光分散である。光がプリズムを透過するとき,光の進行方向が波長によって異なるのも光分散現象の一例で,プリズム分光の基本原理となっている。媒質中の光の屈折率と波長との関係は,1835年にA.L.コーシーが弾性波動説に基づき分散式を導出してから多くの研究がなされている。光分散【朝倉 利光】(2)ある均一な物質の中に他の物質が微粒子状になって分布していく現象。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶんさん【分散】
江戸時代における破産をさす語。割賦(割符)(わつぷ)ともいう。しばしば〈身代限(しんだいかぎり)〉と混同され,明治初年には両者が制度的に合体するが,江戸幕府法上は,裁判所による強制執行としての〈身代限〉と,債権者・債務者間の契約による〈分散〉とを,明確に区別している。分散には裁判所の介入は必要的でなく,債務者が総債権者もしくは大多数債権者の同意を得て自己の全財産を付し,債権者はこれを入札売却して,代金を債権額に応じ配分するのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんさん【分散】
スル
分かれ散らばること。分けて散らすこと。 ⇔ 集中 全員を-して前進させる
光がプリズムや回折格子などを通過するとき、その波長によって分かれること。一般には、波の速度が振動数によって変化することをいう。
資料の散らばりの度合を表すもの。平均値と各資料値の差(偏差)を2乗し、それを算術平均したもの。分散の数値が小さいほど資料は平均値のまわりに集まっている。標準偏差は分散の正の平方根である。 → 標準偏差
ある物質が、他の均一な物質の中に、または同一物質でも異なった状態になっているものの中に、微粒子状になって一様に散在していること。
江戸時代、破産のこと。債務者の申し出による自己破産をいう。 -にあへば、衣類・刃物も皆人手にわたりて/浮世草子・永代蔵 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

分散
ぶんさん
現代法における破産手続に相当する江戸時代の法律手続。複数の債権者に債務者財産が分配されるところから,割符と称される場合もある。債務者が競合する債権者全員を満足させる資力を失った場合に,債権,債務者双方の契約により,債務者の全財産を債権者側に交付し,債権額に比例して,これを分配させる手続。分配に際して,入札による財産売却が行われるのが通例であり,また天保 (1830~44) 以降は,分配に参加した債権者は,不足額の請求を行いえないことになった。なお分配に参加しなかった債権者は,依然として債務者に弁済を請求しえたが,このような請求権を「跡懸り」と称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分散
ぶんさん
dispersion
(1) 波の進む速さが振動数によって異なる現象。日光がプリズムでいくつかの色に分けられるのはこの現象の一例であって,光の色の種類 (振動数により決る) によってガラス中での速さが違えばその屈折率が異なることに起因する。音波でも分散現象が起る。光の場合,分散によって生じる色帯はスペクトルと呼ばれている。スペクトルの色の順が波長の順になっているものを正常分散,順でないものを異常分散という。分散の概念はもっと一般的に使われ,誘電率透磁率などの物質定数が振動数によって異なる現象も分散と呼ぶ。 (2) 微細な粒子,たとえばコロイドなどがある媒質中に散在する現象を分散という。この媒質を分散媒,微粒子を分散質と称する。また微粒子をなるべく長く分散させておく目的で加えられる第三成分を分散剤という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分散
ぶんさん
variance
統計資料 x1x2,…,xn について,平均値を x=(x1x2+…+xn)/n としたとき,{(x1x)2+(x2x)2+…+(xnx)2}/n を分散または標本分散という。別に,{(x1x)2+(x2x)2+…+(xnx)2}/(n-1) を不偏分散という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐さん【分散】
〘名〙
① 一つ所にあったものを分け散らすこと。また、分かれ散ること。わかれわかれになること。離散。
※続日本紀‐養老六年(722)閏四月乙丑「辺郡人民、暴被寇賊、遂適東西、流離分散」
※源平盛衰記(14C前)三三「使者を四国に分散(ブンサン)して」 〔春秋左伝‐桓公五年〕
② 江戸時代、競合した多数債権を償うことができない債務者が債権者の同意を得て、自己の全財産を彼らに委付して、その価額を各債権に配当すること。現在の破産にあたる。分散仕舞。
※俳諧・談林十百韻(1675)上「相店の人の世中すゑの露〈卜尺〉 分散何々なく虫の声〈一朝〉」
④ 波の進む速さが、波長や振動数の違いによって変化する現象。特に、光がプリズムや回折格子を通過するとき、波長の異なる光に分かれ、多くの色に分かれることをいう。
⑤ 数学でいう。
(イ) 統計データの散らばりの度合を表わす数値の一つ。各数値とデータの平均値との差の平方の平均値。
(ロ) 確率変数の値の散らばりの度合を表わす数値の一つ。問題となった確率変数とその平均値との差を平方して得られる確率変数の平均値。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

分散
ブンサン
variance, dispersion

】variance.統計学においては平均値からのずれの2乗の平均を分散といい,その平方根を標準偏差という.【】dispersion.光の屈折率が波長によって異なることを光の分散という.その理論的取り扱いが中性分子間のファンデルワールス力の解釈と類似することから,分散力という用語が生まれた.【】dispersion.細かい粒子が溶液中に浮遊している状態.コロイド溶液はその典型で,分散系とよばれることもある.[別用語参照]コロイド

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分散」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分散の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.