Rakuten infoseek

辞書

【かたな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かたな
太刀 (たち) ,打刀 (うちがたな) ,脇差 (わきざし) ,短刀などの日本刀の総称。室町時代以後は打刀のみを刀と称している。金属製の長い刃物は弥生時代からあるが,通常日本刀と呼ぶ場合は,平安時代後期以後に作られた湾曲したそりをもつ鎬 (しのぎ) 造りの刀をさす。制作には硬軟2種類の鉄を組合せ,これを打延ばして成形する。原形の完成した刀身は,全体に特殊な土を塗り,刃部の土を薄く削り取って赤熱し急冷する。これによって種々の刃文が作られる。刀の切断面はほぼ縦長の菱形で,この鈍角部を鎬と呼ぶ。刀の柄 (つか) に入る部分を茎 (なかご) といい,ここに作者の銘を彫る。制作の時期により,奈良時代以前の作刀上古刀,安土桃山時代以前の刀を古刀,江戸時代中期までのものを新刀,同末期のものを新新刀と呼んで区別する。通常 30cmまでの刀を短刀,それ以上 60cmまでを脇差,60cm以上のものを打刀または太刀と呼ぶ。打刀は刃を上に向けて腰に差し,太刀は刃を下に向けて腰に吊る。室町時代中期以降,太刀は実戦に用いられることが少い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かた‐な【刀】
《「かた」は片、「な」は刃の古語》
武器として使った片刃の刃物。
江戸時代、武士が脇差(わきざし)とともに差した大刀
太刀の小さいもの。
「我は元より太刀も―も持たず」〈太平記・二〉
小さい刃物。きれもの。
「紙をあまた押し重ねて、いと鈍き―して切るさまは」〈・二五九〉
[下接語](がたな)菖蒲(あやめ)刀一本刀打ち刀押っ取り刀返し刀小刀腰刀・提げ刀・錆(さび)刀反り刀竹刀小さ刀血刀手刀鈍(なまくら)刀腹切り刀懐(ふところ)刀包丁刀枕(まくら)刀守り刀山刀

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう〔タウ〕【刀】
かたな。刀剣。「を構える」「日本
解剖・手術などに使う小刀。メス。
「渠(かれ)が―を下すべき貴船伯爵夫人の手術をば」〈鏡花・外科室〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう【刀】[漢字項目]
[音]トウ(タウ)(呉)(漢) [訓]かたな
学習漢字]2年
〈トウ〉
かたな。刃物。「刀剣刀工牛刀軍刀執刀帯刀短刀鈍刀抜刀木刀彫刻刀
古代中国で、刀の形をした貨幣。「刀銭刀布
〈かたな(がたな)〉「刀傷小刀腰刀手刀
[難読]剃刀(かみそり)・竹刀(しない)・大刀(たち)太刀(たち)刀自(とじ)長刀(なぎなた)薙刀(なぎなた)眉尖刀(なぎなた)刀豆(なたまめ)佩刀(はかし)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたな【刀】
広義には日本刀全体を指すこともあるが,狭義には刃を上向きにして腰にさす2尺(60.6cm)以上の刀身のもののみを刀という。これに対して,刃を下方にして腰に下げるものを太刀(たち)という。もともと刀とは《和名抄》調度部征戦具に〈似剣而一刃曰刀,都牢反,大刀太知,小刀加太奈〉とあるように,両刃に対して片刃のものを総称していたようである。しかし,記紀や《東大寺献物帳》などの用例をみると,必ずしも区別して用いられておらず,片刃のものでも剣の字をあてている場合もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

とう【刀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かたな【刀】
〔「かた」は片、「な」は刃の意〕
武器として用いる刃物。
(両刃もろはの「剣つるぎ」に対して)細長い片刃の刃物。
(短い「脇差わきざし」に対して)長い刃物。大刀だいとう
(長い「太刀たち」に対して)小形の護身用の刃物。腰刀こしがたな。短刀。 「我は元来、太刀も-も持たず/太平記 2
小さい刃物。小刀こがたな。 「よき細工は、少し鈍き-をつかふ/徒然 229

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう【刀】
かたな。刀剣。ナイフ。
解剖・手術用の小刀。メス。
中国古代の青銅貨幣の一。 → 刀銭

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


かたな
ものを切るのに適したように片刃にこしらえた武器。刺突用に両刃にこしらえた武器は剣という。刀身の長さが60センチメートル以上のものを太刀(たち)・刀、30~60センチメートル未満のものを脇差(わきざし)、30センチメートル未満のものを短刀とよび分ける。明治以後の海軍の長剣や短剣、巡査のサーベルの類は日本古来のものとは別種である。[尾島兼一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐な【刀】
[1] 〘名〙 (「な」は「刃」の古語。片刃の意)
① 片刃にこしらえた武器。
書紀(720)欽明二三年八月(北野本訓)「甲二領、金餝の刀(カタナ)二口、銅の鏤鍾三口、五色の幡(はた)二竿(さを)
② 太刀の短いもの。腰刀。
※書紀(720)垂仁八八年七月(熱田本訓)「則ち清彦忽に刀子(カタナ)は、献(たてまつ)らじと以為(い)ひて」
※太平記(14C後)一〇「袖の下より刀を抜いて、偸(にはか)に腹に突立て」
③ 小さな刃物。きれもの。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「まゐりものは、かたな・まないたをさへ、御まへにて、てづからといふばかりにて」
④ 近世、脇差(わきざし)に添えてさす大刀。これと脇差とをあわせて大小という。
※俳諧・鶴のあゆみ(1735)「われ三代の刀うつ鍛冶〈李下〉 永録は金乏しく松の風〈仙化〉」
[2] 謡曲。四番目物。廃曲。作者不詳。別名「石子積」「笈捜(おいさがし)」。刀の兵衛家次の子で羽黒山にいる卿の殿は、継母の陰謀で刀を盗んだと疑われて、石子積にされそうになるが、前非を悔いた継母の告白で助かる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう タウ【刀】
〘名〙
① かたな。刀剣。
※夢十夜(1908)〈夏目漱石〉第六夜「堅い木を一と刻みに削って〈略〉其の刀(タウ)の入れ方が如何にも無遠慮であった」 〔春秋左伝‐襄公三一年〕
② 解剖や外科手術に用いる小刀。メス。
※外科室(1895)〈泉鏡花〉上「渠が刀(タウ)を下すべき、貴船伯爵夫人の手術をば」
※杏の落ちる音(1913)〈高浜虚子〉一五「緑雨から古銭の講釈を聞くことになった。〈略〉緑雨は系統的に刀(トウ)、布などの話から始めた」 〔漢書‐食貨志・下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

刀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.