Rakuten infoseek

辞書

刀銭【とうせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

刀銭
とうせん
Dao-qian
中国,春秋時代末期から戦国時代にかけて用いられた刀子形の銅貨。尖首明刀,円首刀,方首刀,斉刀の名称で呼ばれる各種がある。尖首刀は標準型,超尖首型に分れ,前者は春秋中期より,後者は春秋末期よりの領域で用いられた。また,尖首刀のなかで半截型といわれる特異なものは,で用いられたと考えられる。明刀は,「明」の銘をもつ刀銭で3類に分れ,第1類は,春秋末期から漢代にかけて主として燕で,第2類は春秋末期から斉とで,第3類は戦国初頭から燕で使われたと考えられる。円首刀は趙で,方首刀はで,それぞれ発行された貨幣で,いずれも戦国期の貨幣とされる。斉刀は斉の戦国期の貨幣で,「斉之法化」「即墨之法化」などの銘がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐せん〔タウ‐〕【刀銭/刀泉】
古代中国で使われた刀子(とうす)の形を模した青銅貨幣春秋戦国時代鋳造された。刀貨刀幣

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうせん【刀銭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうせん【刀銭】
中国古代の青銅貨幣の一種。刀子とうすにかたどり、戦国時代を中心に燕・斉など主に河北・山東で使われた。刀貨。刀幣。刀。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

刀銭
とうせん
包丁形をした、中国、春秋戦国時代の青銅貨幣。刀銭の名称は、その形が「刀子(とうす)」とよばれる刃物の形を写していることにある。刀貨、刀幣も同じ意味。刀銭は燕(えん)、斉(せい)、趙(ちょう)、魏(ぎ)で鋳造されたが、流通地域はかなりの広がりをもっている。形と銘のうえから、尖首刀(せんしゅとう)(燕)、明刀(めいとう)銭(燕、斉、趙)、斉刀(せいとう)(斉)、円首刀(趙)、方首刀(魏)の5種に大別される。尖首刀はその名の示すとおり先端の尖(とが)った刀銭で、もっとも早く春秋時代に鋳造されたと考えられる。明刀銭は「明」の字の形によって3種に分けられるが、明刀第一類、第二類が古く、第三類が新しいと考えられている。第三類は戦国時代から漢代に至るまで流通したと考えられ、出土量がもっとも多い。また斉刀は尖首刀の影響下に斉の領域で戦国時代初期に鋳造されたもので、「斉之法化」「即墨之法化」などの銘がみられる。[飯島武次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刀銭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

刀銭の関連情報

他サービスで検索

「刀銭」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.