Rakuten infoseek

辞書

出足【であし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

出足
であし
相撲で最も大切な常に前へ出ること。上体に対してが伴わなかったり,すり足を実行しないと,のめったり,相手の技をくったりする。運び足のなかでも一番大切とされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

で‐あし【出足】
催し物・行楽地などへ人が出向く程度・状態。「雨で出足がくじかれる」「客の出足がよい」
物事の始まりの状態。「新製品の好調な出足
自動車の出発時の速度。「出足の速い車」
相撲で、相手を攻めながら足を相手の方へ踏み出すこと。「鋭い出足で寄り切る」
柔道で、前へ踏み出した足。「出足払い」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

であし【出足】
動き始めるときの速さや状態。 「 -の鋭い車」
催しなどに人が出かける状態。人の出方。 「客の-は上々だ」
相撲で、前へ攻めて出るときの、足の運び具合。 「 -がつく」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

で‐あし【出足】
〘名〙
① 人々が外出する状態。会場や盛り場などの人手の状態。
② スポーツで、足を踏み出して前に出ること。また、その速さ。
相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉現代人気力士評判記其の二「立合のうまいことは大錦と共に評判な位で、出足(デアシ)の早いことも亦有名なもの」
③ 転じて、物事をし始める時の速さ。
※江戸から東京へ(1924)〈矢田挿雲〉一一「草双紙の表紙に薄墨、艶墨以外の美しい彩色を施すことを禁じたので、一時出足(デアシ)をハタかれたが」
④ 自動車などの出発時の速さ。
※マイ・カー(1961)〈星野芳郎〉二「発進加速性能は、俗に言う〝出足〟で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出足」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出足の関連情報

他サービスで検索

「出足」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.