Rakuten infoseek

辞書

出自【しゅつじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

出自
しゅつじ
descent
親子関係の世代的連鎖に基づく特定祖先への系統的帰属。この場合の親子関係は社会的に承認された子関係であり,したがって必ずしも血縁であるとはかぎらないし,また生物学上の親子がすべて社会的な親子関係になるともかぎらない。親子関係の世代的連鎖に際して,父子関係もしくは母子関係のいずれか一方のみの連鎖をたどるものを単系出自 unilineal descentといい,父系出自と母系出自とがある。父子関係と母子関係のいずれかを選択できるものを選択的単系出自 ambilineal descentといい,父子関係と母子関係のいずれをもたどるものを双系出自 bilateral descentという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅつ‐じ【出自】
人の、生まれ。事物の出どころなどにもいう。「蕪村の出自を尋ねる」
文化人類学で、個人が出生と同時に組み込まれる、特定の祖先を共通にする集団を決定する原理

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅつじ【出自 descent】
個人が親を通じて特定祖先と系譜的なつながりをもち,このつながりが,特定祖先を共有する集団またはカテゴリーの成員資格規準となる場合,個人を集団またはカテゴリーに所属させるこのような原則を出自という。系譜的なつながりとは,特定祖先に発して子孫(個人)へと至る連綿とした代々の親子関係であり,このような〈親子関係の連鎖filial links〉を通じて,集団またはカテゴリーへの所属権(メンバーシップ)が親から子へと伝達されていく。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅつじ【出自】
でどころ。うまれ。出所。
文化人類学で、個人が生まれた時から認識される系譜関係。血縁。 -集団

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅつ‐じ【出自】
〘名〙 (「…自(よ)り出づ」の意)
① うまれた家柄、血統、土地など。また、物事の出どころ。出所(しゅっしょ)
※訳文筌蹄初編(1714‐15)五「たれの腹と云ふことをたれの出自と云ふ。出自とは先祖のことなり」
② (━する) そこから血を引いていること。
※体源抄由来(1965)〈唐木順三〉二「天武天皇に出自するわが豊原一族」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出自」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出自の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.