Rakuten infoseek

辞書

出羽柵【でわさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

出羽柵
でわさく
奈良時代,蝦夷に備えて築かれた。「でわのさく」ともいう。『続日本紀』の和銅2 (709) 年のに,和銅1 (708) 年出羽郡が置かれ,和銅2年出羽柵に兵器を送ったというのが初見。所在については諸説あるが,山形県鶴岡市が想定される。柵は天平5 (733) 年秋田郡高清水岡に移され,秋田城前身となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でわ‐の‐さく〔では‐〕【出羽柵】
奈良時代、東北地方経営のために今の山形県最上川下流付近に置かれた城柵。天平5年(733)今の秋田市内に移され、のち秋田城となった。でわのき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でわのさく【出羽柵】
日本古代の城柵。〈でわのき〉ともいう。709年(和銅2)初見の柵であり,当初は山形県庄内地方,最上川河口付近に造られたものと考えられているが,その所在地は判明していない。初見時には,諸国から兵器が運びこまれており,後の714年や717年(養老1),719年には諸国から柵戸を配したと記されている。出羽の蝦夷対策のために置かれた柵とされているのである。この出羽柵は733年(天平5)秋田村高清水岡に遷置されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でわのさく【出羽柵】
奈良時代、東北経営のために置かれた城柵。八世紀初頭に山形県最上川河口付近に置かれたが版図拡大に伴ってのちに、秋田県雄物川河口付近に移された。でわのき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典

でわのさく【出羽柵】
山形県庄内地方の最上川下流付近に設置されたとされる古代の城柵。平安時代初めに編纂された勅選史書『続日本紀(しょくにほんぎ)』の709年(和銅2)7月1日の条が文献上の初出。708年(和銅1)に越後国に出羽郡が設けられていることから、出羽郡設置とともに設けられた城柵とも考えられる。ただし、所在地は特定できていない。『続日本紀』によれば、出羽柵は大和政権の勢力圏が北上するにしたがい、733年(天平5)に現在の秋田市付近に移設され、これが秋田城になった。秋田城には国府が置かれたが、蝦夷の反乱が相次ぎ、国府は再び庄内地方に移転した。その有力な候補地とされているのが同県酒田市にあった城輪柵(きのわのさく)である。◇「でわのき」「いではのき」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出羽柵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出羽柵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.