Rakuten infoseek

辞書

出石城【いずしじょう】

日本の城がわかる事典

いずしじょう【出石城】
兵庫県豊岡市出石町にあった平山城(ひらやまじろ)。江戸時代の一国一城令下、但馬唯一の城。出石城は、1604年(慶長9)小出吉英(こいでよしふさ)が有子山頂から麓に移し、築城したもの。以来、小出氏8代の居城となり、藤井松平氏(忠晴家)を経て、1706年(宝永3)仙石政明(せんごくまさあき)が入封し、明治にいたるまで仙石氏7代が居城した。出石城は江戸時代三大お家騒動の一つといわれる「仙石騒動」でも有名で、天保年間に起きた仙石騒動で5万8000石から3万石に減封された。1868年(明治1)に出石城の建物は取り壊されたが、小出吉英が築いた稲荷台・本丸・二の丸などの石垣が現存している。稲荷台には城の鎮守だった稲荷神社があり、また本丸隅櫓(すみやぐら)・登城門・登城橋などが復元され、堀のあった一帯は登城橋河川公園として整備されている。JR山陰本線豊岡駅からバス、出石下車。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出石城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出石城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.