Rakuten infoseek

辞書

出方【デカタ】

デジタル大辞泉

で‐かた【出方】
出る方法・ようす。でよう。「芽の出方
物事に対する処理のしかたや態度。でよう。「最初の交渉では相手の出方をみる」
芝居茶屋相撲茶屋などに所属し、客を座席に案内したり、飲食物世話をしたりする人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

でかた【出方】
[2][3] 出る様子・方法。 枝の- 世の中への-に問題がある
[2][3] 交渉などに臨むときの態度・方針。 相手の-を見る
[0] 相撲茶屋・劇場などで、客の世話や雑用をする男。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

で‐かた【出方】
〘名〙
① 出る様子、方法。でよう。
② ある事柄に対する対処のしかた。やりかた。でよう。態度。
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉一「お前の出かた一つで何うでもなるに」
③ 劇場や相撲茶屋などで、客の案内や雑用をした人。相撲茶屋では現在も残る。
※歌舞伎・櫓太鼓鳴音吉原(1866)三幕「『へい、朝霧関今日は』〈略〉『これは誰れかと思うたら出方の衆〈略〉』」
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉みぞれ「帝国劇場といふものが出来て、茶屋も出方もつかはないあたまで西洋式の切符制度といふことをやってみせた」
④ 私娼。
※天国の記録(1930)〈下村千秋〉三「出方(デカタ)(私娼)と主人とが二人で都合六日の拘留と五十二円也の罰金」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.