Rakuten infoseek

辞書

出師表【すいしのひょう】

世界大百科事典 第2版

すいしのひょう【出師表 Chū shī biǎo】
中国,三国蜀の丞相であった諸葛孔明(しよかつこうめい)が,227年(建興5),魏国討伐に出陣するとき,後主劉禅に奉呈した上表文。《文選》にこの題をつけて収録された。蜀の危急存亡に際して,後主が賢者を尊び諫言を入れて先主劉備の遺徳を高めるよう願い,頼るべき人材の名をあげて推薦するとともに,北伐の目的を明らかにして自己の忠誠心を吐露した名文である。その翌年に《後出師表》とよばれるもう一つの表を奉呈したことを史書は伝えるが,このほうは孔明の真作かどうかについて異論もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

出師表」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出師表の関連情報

他サービスで検索

「出師表」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.