Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

出山

美術人名辞典

出山
江戸後期の上州生。名は照芳、蓮道人と号する。詩・書・を能くする。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

しゅつ‐ざん【出山】
《「しゅっさん」とも》
山を出ること。
僧が、今まで修行していたを出ること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅっさん【出山】
僧が自分のいる寺から外へ出ること。 ⇔ 帰山
釈迦が修行を終えて、雪山せつせんをおりたこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅっ‐さん【出山】
〘名〙 (「しゅつざん」とも)
① 山から出ること。山を下って人里に出てくること。特に、僧が、修行していた寺を出ること。
※正法眼蔵(1231‐53)行持「出山の路は什麽処(いづれのところ)に向ってか去る」
② 釈迦が苦行の後成道のために雪山を下りたこと。多く「出山の釈迦」の形で用いる。しゅっせん。〔松屋会記‐久政茶会記・天正六年(1578)四月九日〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だし‐やま【出山】
〘名〙 山から材木を運搬すること。引山(ひきやま)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅつ‐ざん【出山】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.