Rakuten infoseek

辞書

出家【しゅっけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

出家
しゅっけ
在家 (ざいけ) の対。家庭における日常生活を求道修行妨げになるとして,家庭生活を捨て,修行に最も適すると思われる環境に入って,修行に没頭すること。また,その人をもいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅっ‐け【出家】
[名](スル)世俗の生活を捨て、僧となって仏道を修行すること。また、その人。「俗世を厭い出家する」⇔在家(ざいけ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す‐け【出家】
しゅっけ」の直音表記
「一日の―の功徳は、はかりなきものなれば、なほ頼ませ給へ」〈夢浮橋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅっけ【出家】
サンスクリットのプラブラジャーpravrajyāまたはプラブラジタpravrajitaの訳。家を出て仏門に入ること。在家の対。家庭生活を捨て,世俗的な執着を離れて,もっぱら仏道を修行すること。またはその人をいう。仏門に入って僧尼となることである。仏教徒の集団を構成する七衆のうち在家の優婆塞(うばそく)・優婆夷(うばい)を除く,比丘(びく),比丘尼,式叉摩那(しきしやまな),沙弥(しやみ),沙弥尼の五衆は出家のなかに入る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅっけ【出家】
( 名 ) スル
〘仏〙 家庭などとの関係を切り、世俗を離れ、戒を受けて僧になること。また、その人。現代では、各宗派の定めにしたがって、僧としての資格を得ること。僧侶。僧。 ⇔ 在家 「世をはかなんで-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でいえ【出家】
分家ぶんけ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

出家
しゅっけ
家庭生活を離れて仏門に入り、専一に修行の道に励むこと、またその人をいう。パーリ語のパッバッジャpabbajjaまたパッバジタpabbajita、サンスクリット語のプラブラジュヤpravrajyaまたプラブラジタpravrajitaの訳で、自分の生まれた家、あるいは所属する家を出ること、またその人の意。出家人、道人(どうにん)、沙門(しゃもん)、比丘(びく)ともいい、一般に僧侶(そうりょ)ともよばれる。在家(ざいけ)また在家人、居士(こじ)、世人(せじん)に対する語。両者をあわせて道俗、僧俗とよぶときの「道」あるいは「僧」をさす。
 出家の風習は、元来、古代インドの修行者の間で行われていたもので、出家にあたっては親権者の承諾を必要とした。出家者には、比丘(びく)・比丘尼(びくに)・正学女(しょうがくにょ)(式叉摩那(しきしゃまな))・沙弥(しゃみ)・沙弥尼(しゃみに)の5種があり、これを五衆(ごしゅ)という。沙弥・沙弥尼は十戒を、正学女は六戒を、比丘・比丘尼は具足(ぐそく)戒(パーリ律ではそれぞれ227.311、四分律(しぶんりつ)では250.348)を受けておのおのの身分となる。出家すると、世俗時の苗字(みょうじ)や名前を捨てて、新たに出家者の名前(僧名)がつけられる。また、自らの所属する家庭あるいは一族の構成員としての冠婚葬祭などの義務や、財産相続・分与などの権利を放棄することになる。なお、在家から仏門に入ることを中国・日本では得度(とくど)という。[阿部慈園]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐け【出家】
※苔の衣(1271頃)一「さしもほいふかくおぼしたる事なれば、九月十九日しゅけし給へるに、うへも頓而さまかへ給ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅっ‐け【出家】
〘名〙
① (━する) 家を出て仏門にはいること。俗世を離れ仏法修行の道にはいること。しゅけ。
※続日本紀‐養老五年(721)五月戊午「請為太上天皇出家入道勅許之」
※平家(13C前)一「一院御出家あり。御出家(シュッケ)〈高良本ルビ〉の後も万機の政をきこしめされしあひだ」 〔晉書‐仏図澄伝〕
② 仏門にはいったもの。剃髪染衣(ていはつぜんえ)のもの。僧尼。しゅけ。
※秘蔵宝鑰(830頃)中「出家者剃頭染衣比丘比丘尼等是也、在家者戴冠絡纓優婆塞優婆夷等是也」
※浮世草子・好色一代男(1682)一「母親かの玉章を見れば、隠れもなくかの御出家(シュッケ)の筆とはしれて」 〔顔氏家訓‐帰心〕
[補注]梵名は波吠儞耶(はべいにや)(= pravraiyā の音写)。俗世間の塵を離れるところから「出塵」、鬚髪を剃り壊色(えしき)に染めた衣をまとうところから「剃髪」「落飾」ともいうが、日本では「落飾」を特に身分の高い人の出家に用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す‐け【出家】
〘名〙 家を出て仏門にはいること。俗世を離れ仏法修行の道にはいること。しゅっけ。
※源氏(1001‐14頃)夢浮橋「法師にては、勤めも申つべきことにこそはとて、まことにすけせしめたてまつりてしに侍」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出家の関連情報

他サービスで検索

「出家」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.