Rakuten infoseek

辞書

出仕【シュッシ】

デジタル大辞泉

しゅっ‐し【出仕】
[名](スル)
勤めに出ること。特に、役所などに勤めること。仕官すること。「官庁に出仕する」
明治初年、官庁試補。のち、事務の忙しいとき、臨時に置いた員外官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅっし【出仕】
( 名 ) スル
勤めに出ること。特に、公の勤めにつくこと。 「役所に-する」
明治初期の官制で、正式任用前の仮採用中の役人。また、定員外の臨時採用中の役人。
その場所に出ること。その席につくこと。 「 -して饗膳などにつく時も/徒然 60

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いで‐つか・う ‥つかふ【出仕】
〘自ハ下二〙 宮仕えに出る。参上してお仕えする。
※源氏(1001‐14頃)澪標「治まれる世には、白髪(しろかみ)をも恥ぢずいでつかへけるをこそ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅっ‐し【出仕】
〘名〙
① 民間から出て官に仕えること。仕官。官庁勤め。
令義解(718)学「凡学生通二経以上。求出仕者。聴挙送
② 勤めに出ること。出勤。また、主君の側に伺候すること。
古事談(1212‐15頃)二「仍今者不出仕とて、檳榔車を引出大路之」
浄瑠璃仮名手本忠臣蔵(1748)四「是は是は力彌殿早い御出仕(シュッシ)
③ その場にのぞむこと。ある場所・席に出ること。
※宇治拾遺(1221頃)一二「座主の出仕を相待の所に」
④ 明治初期、新しく官吏を任用する時、その技量・能力を試みるために置いた試補。
⑤ 明治四年(一八七一)以後、事務が繁多をきわめる場合、臨時に置かれた員外官。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出仕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出仕の関連情報

他サービスで検索

「出仕」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.