Rakuten infoseek

辞書

出世【シュッセ】

デジタル大辞泉

しゅっ‐せ【出世】
[名](スル)
社会的に高い身分・地位を得ること。「出世して親を喜ばす」「立身出世
この世に生まれ出ること。
「先づ老子―し、次孔子出」〈雑談集・九〉
仏語。
㋐仏が衆生(しゅじょう)を救うためこの世に現れること。しゅっせい。
㋑俗世間を離れて仏道に入ること。また、その人。出家。
㋒比叡山で、公卿の子弟の出家したもの。
㋓禅寺の住持となること。特に、紫衣を賜り、師号を受け、あるいは勅宣を蒙って官寺の住持となること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅっせ【出世】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅっせ【出世】
( 名 ) スル
世に出て高い地位につき、世間に名が知られる身分になること。 「立身-」 「 -街道」
地位があがること。 「係長に-する」
この世に生まれ出ること。出生。 「先づ老子-し次に孔子出/雑談 9
〘仏〙
出世間」に同じ。
諸仏が衆生しゆじよう救済のためにこの世界に姿を現すこと。
比叡山で公卿の子息が剃髪ていはつして僧となったこと。
禅宗で僧が大寺院の住職となること。特に、勅許の紫衣道場の住職となること。 〔 から転義したもので、その昇進が特に早かったことからいう〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅっ‐せ【出世】
〘名〙
仏語。仏が衆生を救うために仮にこの世に現われ出ること。しゅっせい。
※法華義疏(7C前)一「於是衆生。歴年累月。蒙教修行。漸漸益解。至王城始発一大乗機、称会如来出世之大意
※源平盛衰記(14C前)二八「近くは慈尊の出世(シュッセ)を待ち遠くは三世に動転なしとかや」
※続日本紀‐天平宝字元年(757)一一月壬寅「皇帝皇太后、如日月之照臨並治万国。若天地之覆載長育兆民。遂使出世之良因菩提之妙果」 〔摩訶止観‐三・下〕
③ 叡山や興福寺などで、堂上貴族の子息の出家して、妻帯しないもの、または僧侶の高位に昇ったもの。出世者
※太平記(14C後)九「中納言僧都経超、二位寺主浄勝二人より外は、供奉仕りたる出世・坊官一人も候はず」
④ 門跡などの貴種に近侍し教学を支える僧。出世者。
※醍醐寺新要録(1620)「貞和二年〈略〉十一日早旦入堂。出世等々相伴了」
⑤ (━する) 世の中に生まれ出ること。世に現われること。
※雑談集(1305)九「先老子出世(シュッせ)し、次孔子出」
⑥ 仏語。禅宗寺院の制度で、首座(しゅそ)から西堂(せいどう)に転ずることをいう。
※百丈清規抄(1462)三「大方西堂は出世して嗣法の定た事ぞ。〈略〉出世の時こそ嗣法は定れぞ」
⑦ 仏語。禅宗寺院の住持となること。また、特に公家の奏達によって、紫衣を賜わり、師号を受け、あるいは勅宣を蒙って官寺の住持となることをいう。立身出世の観念はここから生まれたもの。
※正法眼蔵(1231‐53)礼拝得髄「つひに発心して、園頭をつとむること始終三年なり。のちに出世せりしとき、衆にしめしていはく」
⑧ (━する) 世に出て立派な身分になること。世に栄えること。立身。栄進。しゅっせい。
※不審条々(1403)「故殿の御時も、余に入目に御座候て、御出世も遅々候」
※浮世草子・武家義理物語(1688)一「しかも次第に出世(シュッセ)の侍なれば」
⑨ 女郎が一本立ちして張り見世に出ること。遊郭の勤めに初めて出ること。
※評判記・色道大鏡(1678)三「太夫の新艘、出世(シュッセ)の日より三ケ日の間、さげ髪にて後帯する法也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅっ‐せい【出世】
〘名〙 (「せい」は「世」の漢音)
※仮名草子・夫婦宗論物語(1644‐46頃)「釈尊御入滅既に後五百歳に及び、慈尊彌勒の出世(シュッセイ)未遠しといへども、仏法を尋ぬるに」
② =しゅっせ(出世)⑧〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※落語・孝行娘(1898)〈六代目桂文治〉「渡って聞いた耳学問、按摩取りから出世(シュッセイ)して、それから仕出した風薬」 〔李白‐竄夜郎於烏江留別宗璟詩〕
③ 世にぬきんでること。人よりはるかにすぐれていること。〔長恨歌伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出世の関連情報

他サービスで検索

「出世」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.