Rakuten infoseek

辞書

出世間【しゅっせけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

出世間
しゅっせけん
仏教用語。煩悩などのけがれに汚染された,この世界のすべての存在を世間というのに対し,それを超越しているものをさす。たとえば,仏教以外の哲学思想 (外道) は執着を離れていない世間的な智に基づくものとみる。これに対し,仏教の説く,執着を断った超越的な智を出世間智とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅっ‐せけん【出世間】
仏語。俗世間の煩悩(ぼんのう)から脱して悟りの境界に入ること。出世。
世間の俗事から離れて超然としていること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅっせけん【出世間】
〘仏〙
この世の悩み・迷いから離れること。世俗を超越した仏道。また、その境地。出世。
出家すること。僧になること。
世間の俗事から離れて超然としていること。 「殿井様は…-の芸術家だもの/魔風恋風 天外

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅっ‐せけん【出世間】
〘名〙
仏語俗世間の生死煩悩を解脱して悟りに達すること。また、現世界を超出した無為の解脱の法のこと。出世
※南方録(17C後)墨引「終にかねをはなれ、わざを忘れ、心味の無味に帰する出世間法なり」 〔勝鬘経‐一乗章〕
② 世間の俗事にわずらわされないで、超然としていること。
※二日物語(1892‐1901)〈幸田露伴〉彼一日「往時は世間の契を籠め今は出世間(シュッセケン)の交りを結ぶ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出世間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出世間の関連情報

他サービスで検索

「出世間」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.