Rakuten infoseek

辞書

出世景清【しゅっせかげきよ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

出世景清
しゅっせかげきよ
浄瑠璃。時代物。5段。近松門左衛門作。貞享2 (1685) 年大坂竹本座初演。竹本義太夫のために書いた最初の作。幸若舞曲や古浄瑠璃の『景清』に基づき,平家の残党悪七兵衛景清が源頼朝の命をねらって失敗,入牢するが,観音の力で救い出され,盲目となって日向に下ることなどを綴る。当流浄瑠璃の初めとされる作品。そのほか景清物の浄瑠璃としては,『大仏殿万代石楚』『壇浦兜軍記』『傾城阿古屋の松』『嬢 (むすめ) 景清八嶋日記』などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅっせかげきよ【出世景清】
浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。貞享2年(1685)大坂竹本座初演。幸若舞曲「景清」や謡曲「景清」「大仏供養」などをもとに脚色。近松が初世竹本義太夫のために書いた最初の作品。浄瑠璃史では、これ以前を古浄瑠璃、以後を当流浄瑠璃または新浄瑠璃とよぶ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅっせかげきよ【出世景清】
人形浄瑠璃。時代物。近松門左衛門作。大坂竹本座初演。1685年(貞享2)正月,京から大坂道頓堀に下り競演を挑んだ宇治加賀掾座の二の替り《凱陣八島》(3月下旬まで上演)に対抗して,竹本義太夫が初めて近松に創作を依頼してできた曲で,貞享2年二の替りと推定される(従来は《外題年鑑》の貞享3年説)。5段曲。大筋は《大仏供養》,幸若舞曲《景清》,古浄瑠璃《かげきよ》にるが,この年東大寺大仏修復の大勧進が開始された事件の当込みがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅっせかげきよ【出世景清】
人形浄瑠璃。時代物。通称「景清」。近松門左衛門作。1685年初演。初世竹本義太夫のために近松が初めて執筆した作品。幸若舞曲・古浄瑠璃に取材。源頼朝を討とうとして果たせず入牢させられた平景清が、観音の功徳に助けられ、最後に自らの非を悟り両眼をえぐって日向ひゆうがに下るというもの。説話的な古浄瑠璃を脱した画期的な作品で、これ以後を、新浄瑠璃の時代とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

出世景清
しゅっせかげきよ
浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。5段。近松門左衛門作。1685年(貞享2)2月、大坂・竹本座初演。謡曲『大仏供養(だいぶつくよう)』や幸若(こうわか)舞曲・古浄瑠璃の『景清』をもとに、平家滅亡後の遺臣悪七兵衛景清の事跡を描いたもの。源頼朝(よりとも)への復讐(ふくしゅう)に辛苦を続けた景清が、ついに捕らえられて首を討たれるが、清水観世音(きよみずかんぜおん)の身替りで生き返り、その霊験に感じた頼朝から赦免されたあと、煩悩(ぼんのう)を払うべく自ら両眼をえぐって盲目になり、日向(ひゅうが)島へ下るまで。この間、景清が東大寺再建の人夫となって入り込み畠山重忠(はたけやましげただ)に見破られること、愛人阿古屋(あこや)が兄十蔵にそそのかされ嫉妬(しっと)のために訴人すること、景清の妻である熱田(あつた)大宮司の娘小野姫が拷問されること、改悟した阿古屋が自害し、入牢(じゅろう)した景清が牢を破って十蔵を殺すことなどを織り込んでいる。近松が初世竹本義太夫と提携した第一作で、説話的な古浄瑠璃と一線を画する劇的な新浄瑠璃の端緒になった画期的な作品。数多い「景清物」の基本で、「牢破りの景清」「阿古屋の琴責め」などの原型も含む。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅっせかげきよ【出世景清】
浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。貞享二年(一六八五)大坂竹本座初演。幸若舞の「景清」や謡曲「景清」「大仏供養」などによって脚色。東大寺の大仏殿再興の工事場に入り込んだ景清は、頼朝をねらったが失敗、妾阿古屋の兄伊場の十蔵の訴人で捕らわれたが、牢破りをして十蔵を討ち、頼朝の恩情に自ら両眼をえぐり日向国へ下る筋。近松が初世竹本義太夫のために前途を祝して、執筆した最初の作品。景清物の大部分はこの作に発している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

出世景清
しゅっせかげきよ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
近松門左衛門(1代)
補作者
福地桜痴
初演
明治24.3(東京・歌舞伎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出世景清
(通称)
しゅっせかげきよ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
泰平出世景清
初演
宝永3.11(江戸・山村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出世景清」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出世景清の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.