Rakuten infoseek

辞書

凹版【オウハン】

デジタル大辞泉

おう‐はん〔アフ‐〕【凹版】
画線部分が版材面よりくぼんでいる印刷版彫刻凹版・写真版(グラビア)などがある。紙幣・証券などの印刷に使用。→凸版

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうはん【凹版 intaglio printing】
印刷するときに用いる版の一種で,彫りくぼめたところにインキをつめて印刷する方式のものをいう。平らななどの金属面に手彫りなどによって彫りくぼめる方法と,写真を利用して彫りくぼめる方法(いわゆる写真製版の利用)とに大別される。前者はさらに彫り方によって,ドライポイント,メゾチントなど直接金属面を彫る彫刻凹版(直刻凹版ともいう)と,版材に薬品を作用させ腐食によって彫りくぼめるエッチングアクアチントなどの食刻凹版に分けられるが,実際にはこれらの手法を混用することも多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうはん【凹版】
印刷版式の一。印刷しようとする画線が版材面よりへこんでいる印刷版。彫刻凹版・エッチング版・グラビア版などがある。 → 凸版とつぱん平版

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐はん アフ‥【凹版】
〘名〙 凸版、平版とともに、印刷版式の一つ。印刷する画線部分が版の平面よりくぼんでいるもの。彫刻凹版、グラビア版の二つに大別される。
※国民新聞‐明治三三年(1900)一月二三日「銅凸版(チボクフリート)及び凹版(カルコグラフヒー)の術」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凹版」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凹版の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.