Rakuten infoseek

辞書

凸レンズ【とつレンズ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

凸レンズ
とつレンズ
convex lens
中央部分が周辺部分より厚いレンズ。光を集束させるので,遠視眼用眼鏡,拡大用の虫眼鏡,その他の光学器械に用いられる。形によって両凸レンズ平凸レンズ凹凸レンズの3種に分類される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とつ‐レンズ【凸レンズ】
中央部が縁より厚いレンズ。入射光線を集める働きがある。望遠鏡顕微鏡対物レンズ写真レンズなどに使用。⇔凹レンズ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とつれんず【凸レンズ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とつレンズ【凸レンズ】
中央部が厚く、縁ふちにいくほど薄くなっているレンズ。平行光線を収束する作用があり、遠視用眼鏡・老眼鏡、また凹レンズと組み合わせて光学器機に用いる。 ⇔ 凹レンズ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

凸レンズ
とつれんず
レンズの両面または一面が凸であって、焦点距離が正であるレンズ。凸レンズの前側(ぜんそく)焦点よりも前方にある物体は、レンズの後方に倒立実像を生ずる。前側焦点とレンズの間にある物体は、レンズの前方に正立虚像を生ずる。後者の例は、虫めがねの使用状態のときがそれである。凸レンズは、遠視眼の矯正および老眼の人の読書用掛け眼鏡レンズとして用いられる。凸レンズに太陽光線を当てると、焦点に光が集中し、そこに可燃物があると発火する。したがって、凸レンズ状のプラスチック製品などを日なたに放置しないよう注意することが必要である。[三宅和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とつ‐レンズ【凸レンズ】
〘名〙 (レンズはlens) 中央部の厚さがふちよりも厚いレンズ。入射光線を収束させる性質がある。両凸、平凸などの種類があり、単レンズとして虫めがねや老眼鏡などに用いられるほか各種の光学器械に使用される。収束レンズ。収斂レンズ。⇔凹レンズ
太陽のない街(1929)〈徳永直〉仮面を脱ぐ「周囲の灌木や、自然の地形を利した中腹が、凸レンズの底のやうに、陽だまりをつくってゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凸レンズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凸レンズの関連情報

他サービスで検索

「凸レンズ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.