Rakuten infoseek

辞書

凡河内躬恒【おおしこうちのみつね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

凡河内躬恒
おおしこうちのみつね
平安時代中期の歌人三十六歌仙の一人で,『古今和歌集』の撰者。五位淡路権掾 (ごんのじょう) 。紀貫之と親しく,藤原兼輔 (かねすけ) 邸に出入りして,その庇護を受けた。『寛平御時后宮歌合』『藤原定国四十賀屏風歌』など歌合の出詠や屏風歌の詠進なども数多く,宇多上皇の御幸に供奉しての献上歌もある。感覚の鋭い清新な歌風で叙景歌にすぐれ,一方では大伴黒主などに仮託した自歌合といわれる『論春秋歌合』や,藤原伊衡 (これひら) ,壬生忠岑 (みぶのただみね) との問答歌のような才気あふれるものもある。『古今集』以下の勅撰集に 190首余入集家集躬恒集』は『三十六人集』の一つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおしこうち‐の‐みつね〔おほしかふち‐〕【凡河内躬恒】
平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。歌合わせ・歌会・屏風歌(びょうぶうた)に作品が多い。古今集撰者の一人。家集に「躬恒集」がある。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

凡河内躬恒 おおしこうちの-みつね
?-? 平安時代前期-中期の歌人。
諸国で目(さかん),掾(じょう)などの地方官をつとめ,延喜(えんぎ)21年(921)淡路権掾(あわじのごんのじょう)となる。この間「古今和歌集」の撰者(せんじゃ)となり,同集には紀貫之(つらゆき)につぐ60首の歌がとられている。三十六歌仙のひとり。家集に「躬恒集」。
【格言など】心あてに折らばや折らむ初霜のおきまどはせる白菊の花(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおしこうちのみつね【凡河内躬恒】
平安初期の歌人。生没年不詳。寛平~延喜のころ活躍。延喜21年(921)1月30日任淡路権掾とあり,これが晩年の,おそらく最高位であろうから,官途としては不遇であった。しかし歌歴は華々しく,はやく《寛平后宮歌合(かんぴようのきさいのみやのうたあわせ)》(893∥寛平5以前)に紀貫之らとともに登場し,《古今集》の4人の選者の一人であった。入集も60首で紀貫之についで第2位である。907年9月に宇多法皇の大堰河(おおいがわ)の御幸があり,躬恒も供奉して歌を奉った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおしこうちのみつね【凡河内躬恒】
平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。紀貫之と並ぶ延喜朝歌壇の重鎮。古今和歌集の撰者の一人。生没年未詳。家集「躬恒集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

凡河内躬恒
おおしこうちのみつね
(?―925/926)
平安前期の歌人。『古今和歌集』撰者(せんじゃ)。三十六歌仙の一人。894年(寛平6)甲斐権少目(かいのごんのしょうさかん)、907年(延喜7)丹波権大目(たんばのごんのだいさかん)、和泉権掾(いずみのごんのじょう)など地方官を歴任。早く898年(昌泰1)の「朱雀院女郎花合(すざくいんおみなえしあわせ)」に歌を残すが、名をなすのは『古今集』によってである。入集(にっしゅう)60首は紀貫之(つらゆき)に次ぐ第2位。907年宇多(うだ)法皇の大井川御幸では、9題中8題につき、彼のみ2首ずつを献じる。『古今集』以後の活躍は華々しく、913年の「亭子院歌合(ていじいんのうたあわせ)」などに出詠、また屏風歌(びょうぶうた)歌人として令名高く、貫之と並び称された。名所歌の作者としても名があるのは、即興的な歌才に優れていたことをうかがわせる。四季歌を得意とし、機知に富み、事象を主観的に把握して、平明なことばで表現するところに躬恒の特長がある。
 心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花[菊地靖彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおしこうち‐の‐みつね【凡河内躬恒】
平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。官位は低かったが歌人としては紀貫之と並び称され、「古今和歌集」撰者の一人となった。古今集以下の勅撰集に歌がみえる。家集に「躬恒集」。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凡河内躬恒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凡河内躬恒の関連情報

他サービスで検索

「凡河内躬恒」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.