Rakuten infoseek

辞書

几董【きとう】

世界大百科事典 第2版

きとう【几董】
1741‐89(寛保1‐寛政1)
江戸中期の俳人高井,幼名は小八郎,別号は晋明,高子舎,春夜楼,3世夜半亭など。京都の人。俳諧ははじめ父几圭に学んだが,その時期の作品は少ない。几圭没後の1770年(明和7),蕪村の夜半亭2世継承(1世夜半亭は巴人(はじん))とともに蕪村の門に入り,頭角をあらわした。72年(安永1),父几圭の十三回忌追善の意味をもつ処女撰集《其雪影》を刊行して世に認められ,翌年はじめて歳旦帳《初懐紙(はつかいし)》を刊行し,自分の結社である春夜楼の存在を世に示した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きとう【几董】
高井たかい几董

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

几董
きとう
(1741―1789)
江戸中期の俳人。姓は高井。幼名小八郎。前号雷夫(らいふ)。別号晋明(しんめい)、春夜楼(しゅんやろう)、高子舎(こうししゃ)、3世夜半亭(やはんてい)等。京都の人。初め父几圭(きけい)に俳諧(はいかい)を学んだが、父の没後、29歳のとき蕪村(ぶそん)に入門、『其(その)雪影』『あけ烏(がらす)』『続明(あけ)がらす』などを編纂(へんさん)、刊行して名をあげた。蕪村門下の筆頭格で、蕪村とともに中興期俳諧において指導的役割を果たした。
 蕪村没後、一時俳壇から退いたが、1785年(天明5)江戸の蓼太(りょうた)の勧めによって蕪村の跡を継ぎ、夜半亭3世を名のった。1788年いわゆる天明(てんめい)の大火に類焼してからは京坂地方の門弟の間を転々とし、翌寛政(かんせい)元年の10月23日、伊丹(いたみ)の士川(しせん)宅で、酒杯を重ねるうちに没したという。作風は繊細優婉(ゆうえん)で、独特の魅力がある。
 絵草紙(ゑざうし)に鎮(しづ)おく店や春の風[山下一海]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きとう【几董】
江戸中期の俳人。京都の人。本姓、高井。几圭の子。三〇歳の時、蕪村に師事。のち、夜半亭三世を継いだ。「其雪影」「明がらす」「蕪村句集」などを編み、蕪村門下の中心となって、中興俳壇に活躍。著「井華集」「新雑談集」など。寛保元~寛政元年(一七四一‐八九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きとう【几董】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

几董 きとう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

几董
きとう
高井几董」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

几董」の用語解説はコトバンクが提供しています。

几董の関連情報

関連キーワード

寛保グルックラ=ペルーズ堀江六之丞エリザベータ・ペトロブナ絵島・生島事件初判ヘンデルのメサイア自衛官募集と安倍首相発言ウードン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.