Rakuten infoseek

辞書

几帳【きちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

几帳
きちょう
平安時代に起った障屏具の一つ。貴人の座側に立て,あるいは (すだれ) の面に沿って置いて,室内の仕切りや装飾に用いた。方形 (土居〈つちい〉) に2本の (足) を立て,その上に横木 (手) を載せて (〈とばり,かたびら〉) を垂らす。台,柱,横木などには黒漆や蒔絵などを施す。帳の長さは普通 2mほどで五幅 (いつの) を綴じ合せてある。帳は冬は練り,夏は生絹 (すずし) や綾織などを用い,特になどを用いたものを美麗の几帳という。各幅ごとに風帯 (野筋ともいう長い紐) をつけ,幅の中間には物見があけられている。幅の上端には木端 (こはし) を縫いくるんで,横木に結びつけてある。現在では,宮中や神社の祭祀行事の際などにみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐ちょう〔‐チヤウ〕【×几帳】
寝殿造りの室内調度で、間仕切り目隠しに使う屏障具(へいしょうぐ)の一。土居(つちい)という台の上に2本の柱を立てて横木をわたし、それに夏は生絹(すずし)、冬は練絹(ねりぎぬ)などの帷子(かたびら)をかけたもの。高さは5尺と4尺とがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きちょう【几帳】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きちょう【几帳】
おしまずきにかけた帳とばりの意
寝殿造りに用いた室内調度の一。室内に立てて間仕切りとし、また座のわきに立てて隔てとした。台に二本の柱を立て、その上に一本の横木をわたし、帳を垂らしたもの。高さ三尺のものと四尺のものとがあり、三尺には四幅よの、四尺には五幅いつのの帳を垂らす。基帳。木丁。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

きちょう【几帳】
布で作った衝立(ついた)て。平安時代寝殿造りで、風や視線をさえぎると同時に、装飾としても用いられた。土居(つちい)という台に、高さ1mくらいのT字形の木を立て、絹を数枚縫い合わせたもの(帳(とばり))をかけたもの。季節や行事などに合わせ、用いる色や模様が決められていた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

几帳
きちょう
公家(くげ)調度で屏障具(へいしょうぐ)の一種。T形の几に帷(かたびら)とよぶ帳をかけて垂らし、目隠しや風よけ、あるいは間仕切りとして用いた。几は黒漆塗りで、土居(つちい)とよぶ台に2本の棒を立て、手とよぶ横棒を支える。手と支えの棒の先端に飾り金具をはめ、土居の上場、支えの棒を差し込む孔(あな)に飾りの座金(ざがね)を打つ。この几に蒔絵(まきえ)を施した華麗なものもある。4尺(約120センチメートル)の几帳と3尺の几帳の2種がある。前者は手から土居の上場まで4尺の几に、五幅(いつの)で、それぞれ幅の中央に野筋(のすじ)とよぶ絎(く)け紐(ひも)をつけて垂らし、上部に白左右撚(よ)りの紐を差し通し、芯棒(しんぼう)を差し入れ、各幅上部に釣り紐をつける。後者は四幅(よの)で同様に仕立てられる。
 地質は、冬が練(ねり)、夏が生(き)で、表地に白平絹(ひらぎぬ)か白綾(しらあや)、裏地に白平絹、野筋地に濃紅か黒の平絹を用いる。『雅亮(まさすけ)装束抄』によると、野筋の中央を境にして赤と濃き紅の2色をはぎ合わせたものを用いる。美麗几帳といわれるものは、表地に華やかな二陪(ふたえ)織物や、裾濃(すそご)といって下部を濃く、しだいに上へ薄くして上部を白に絣(かすり)の技法と同様に締め切って(だん)とした織物や、刺しゅうを施した帷を用いた。夏の美麗几帳には生織(きお)りの綾、または平絹に秋草模様を描いた帷をかけた。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐ちょう ‥チャウ【几帳】
〘名〙 (「几(おしまずき)に懸けた帳(とばり)」の意) 寝殿造の調度とする移動用障屏具の一種。台の上に二本の柱を立てその柱の上に一本の横木を渡し、その横木に布帛を縦矧(たてはぎ)にした帳をかけたもの。高さ四尺(約一・二メートル)の柱には五幅(いつの)の几帳、三尺(約〇・九メートル)の柱には四幅(よの)の几帳を例とし、幅の中央には、それぞれ幅筋(のすじ)という紐を垂らす。小形のものに枕几帳、差几帳の類がある。
※延喜式(927)五「初斎院装束〈略〉几帳六基」
※苔の衣(1271頃)一「姫君はちいさききちゃうひきよせて、そひふし給へり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

几帳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

几帳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.