Rakuten infoseek

辞書

几帳面【キチョウメン】

デジタル大辞泉

きちょう‐めん〔キチヤウ‐〕【×几帳面】
[名]角柱の角につけた面の一。角そのものは残すように、両側に段をつけたもの。もと几帳の柱によく用いられたところからいう。
[形動][文][ナリ]細かいところまで、物事をきちんと行うさま。決まりや約束にかなうように正確に処理するさま。「几帳面な性格」「時間を几帳面に守る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きちょうめん【几帳面】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きちょうめん【几帳面】
( 形動 ) [文] ナリ 
きちんとしているさま。すみずみまで規則正しくするさま。 「 -な性格」
( 名 )
柱などの角に施した面の一。方形の角を落として鋭角に削り、その両側に刻みを入れたもの。もと几帳の柱に用いられたことからいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きちょう‐めん キチャウ‥【几帳面】
〘名〙
① (もと几帳のに多く用いたところからという) 器具のふち、柱のかどなどを、きざみ目を一筋入れて、半円形に削ったもの。
※君台観左右帳記(1511)「盆は角ひしなと大切にはたをきちゃうめんにほり」
② (形動) かたに合っていて、厳格で折り目正しいこと。いいかげんでないさま。
※俳諧・昼礫(1695)「渡唐とて挟箱迄きてうめん」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉一五「家の中の事を生帳(キチャウメン)にしたがる末造には」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

几帳面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

几帳面の関連情報

他サービスで検索

「几帳面」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.