Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

凝集【ぎょうしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

凝集
ぎょうしゅう
agglutination
細胞などが多数集って集塊となるのが凝集であるが,特に赤血球の凝集をさすことが多い。赤血球表面には特異性を決める多糖類 (凝集原) が存在していて,これに対して結合する抗体一種である凝集素に出会うと,凝集反応を起す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょう‐しゅう〔‐シフ|‐シユウ〕【凝集/凝×聚】
[名](スル)
散らばったりしていたものが、一つに集まり固まること。「勢力を―させる」
原子分子イオンなどが、互いの間の引力によって集合する現象
コロイド粒子が集まって、より大きな粒子になる現象。フロキュレーション

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

凝集
コロイド粒子が集まってより大きな粒子になること.温度の変化で凝集することもあるが,一般には無機塩などの電解質や高分子物質の少量の添加によって凝集が起こる[長倉ほか : 1998].堆積岩土壌の場合には,凝集作用によって土壌溶液あるいは海の中で,高い電解質成分と正電荷のコロイドの存在によって,粘土の粒子がとして溶液から沈澱することをいう[Birkeland : 1974].化学的沈澱などによりできた綿毛状の塊をflocという.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

凝集
 集合,凝塊形成凝結ともいう.コロイド粒子などが集合してより大きな粒子を形成すること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょうしゅう【凝集 flocculation】
気体または液体中において,その中に分散している小さな粒子や微粒子が集まって,より大きい粒子となったり,団塊を形成する現象。コロイド粒子にみられる凝固も同じ現象で,この場合は凝結という。コロイド【山野 一行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

凝集
ぎょうしゅう
flocculation
化学では液体または気体中に分散しているコロイド微粒子などが、コロイド状態を保てないくらいの大きさに集合し沈殿することをいう。凝結ともいう。少量の解膠(かいこう)剤の添加、加熱、超音波そして電場などで人工的に凝集させることもできる。分子またはイオン状態の溶体から溶解度を急に減少させてコロイドを得る方法があり、これを分散法あるいは凝集法ともいう。
 なお、一般には、細かく分散しているものが集合して、ある大きさになることを凝集といっている。たとえば、赤血球などが抗体の作用によりかたまりをつくる場合で、agglutinationの語が用いられている。[吉田俊久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょう‐しゅう ‥シフ【凝集・凝聚シュウ
〘名〙 こり固まって集まること。散らばったり溶けたりしていたものが固まり集まること。
※翁問答(1650)下「人間の身体髪膚は本来天性仁孝の凝(ギャウ)聚なることを示たまふものなり」
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉一「愛国心の凝集し氷結せる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

凝集
ギョウシュウ
cohesion, aggregation

液体および固体において,多数の構成分子(原子,イオン)が密な集合状態をつくること.このとき,分子間に作用する分子間引力を総称して凝集力という.液体の凝集力は,その表面張力,したがって固体表面でのぬれの現象と密接な関係がある.単位断面積の液柱を収縮させることなく,二つに引き離すときになされる仕事を凝集仕事という.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凝集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凝集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.