Rakuten infoseek

辞書

冷泉天皇【れいぜいてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

冷泉天皇
れいぜいてんのう
[生]天暦4(950).5.24. 京都
[没]寛弘8(1011).10.24. 京都
第 63代の天皇 (在位 967~969) 。村上天皇皇子。母は皇后藤原安子。名,憲平 (のりひら) 。康保4 (967) 年5月父天皇の死没とともに践祚,次いで即位。皇后は昌子内親王。病弱であったため,久しく絶えていた関白がおかれ,藤原実頼がこれに任じた。安和の変 (969) 以後摂政,関白が常置されることとなり,藤原氏が完全に政権を独占した。安和2 (969) 年8月皇太弟守平親王 (円融天皇) に譲位陵墓は京都市左京区鹿ヶ谷法然院町の桜本陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れいぜい‐てんのう〔‐テンワウ〕【冷泉天皇】
[950~1011]第63代天皇。在位967~969。村上天皇の第2皇子。名は憲平(のりひら)。病弱のため藤原実頼を関白に任じ、藤原氏の政権独占の時代となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

冷泉天皇 れいぜいてんのう
950-1011 平安時代中期,第63代天皇。在位967-969。
天暦(てんりゃく)4年5月24日生まれ。村上天皇の第2皇子。母は藤原安子(あんし)。父の死により18歳で即位。藤原実頼(さねより)が関白として後見し,左大臣源高明の左遷(安和(あんな)の変)後は,藤原氏の権力がさらにつよまった。在位2年余で譲位し,太上(だいじょう)天皇の尊号をおくられる。病弱で異常な振る舞いがおおかった。寛弘(かんこう)8年10月24日死去。62歳。墓所は桜本陵(さくらもとのみささぎ)(京都市左京区)。諱(いみな)は憲平(のりひら)。
【格言など】年へぬる竹の(よはひ)をかへしてもこのよを長くなさむとぞ思ふ(「詞花和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

れいぜいてんのう【冷泉天皇】
950~1011 第六三代天皇(在位967~969)。名は憲平のりひら。村上天皇第二皇子。在位中に安和あんなの変が起きた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

冷泉天皇
れいぜいてんのう
(950―1011)
第63代天皇(在位967~969)。村上(むらかみ)天皇第二皇子。母は藤原師輔(もろすけ)の娘安子。諱(いみな)は憲平(のりひら)。藤原元方(もとかた)の娘元子の生んだ広平親王を越えて皇太子となったので、元方は落胆のあまり病死し、天皇が物の怪(け)に悩み病気がちであったのは元方の怨霊(おんりょう)によるものとされた。こうしたことが原因で摂関が常置されるようになり、また安和(あんな)の変(969)も起き、天皇の第一皇子師貞(もろさだ)親王の立太子を急ぐ藤原伊尹(これただ)の策略により在位2年で皇太弟守平(もりひら)親王(円融天皇)に譲位した。陵墓は京都市左京区鹿(しし)ヶ谷(たに)の桜本陵。[福井俊彦]
『藤木邦彦著『日本全史3 古代』(1959・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

冷泉天皇 (れいぜいてんのう)
生年月日:950年5月24日
平安時代中期の第63代の天皇
1011年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れいぜい‐てんのう ‥テンワウ【冷泉天皇】
第六三代天皇。名は憲平(のりひら)。村上天皇第二皇子。母は皇后安子(藤原師輔の女)。天暦四年(九五〇)生後二か月で立太子。康保四年(九六七)父帝の崩御によって即位し、在位二年にして弟の円融天皇に譲位した。在位中に安和の変が起きている。御陵は京都市左京区の桜本陵(さくらもとのみささぎ)。天暦四~寛弘八年(九五〇‐一〇一一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷泉天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冷泉天皇の関連情報

関連キーワード

高温ガス炉配偶者控除配偶者特別控除控除対象配偶者煕子女王オルドニョ3世曹長石ベレンガーリョ2世原子力製鉄正倉院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.