Rakuten infoseek

辞書

冷水【ヒヤミズ】

デジタル大辞泉

ひや‐みず〔‐みづ〕【冷(や)水】
冷たい水。れいすい。ひや。「年寄りの冷や水
冷たい水に白砂糖と白玉を入れたもの。江戸時代、夏に市中で売られた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れい‐すい【冷水】
冷たい水。ひやみず。⇔温水

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

れいすい【冷水】
つめたい水。ひやみず。 ⇔ 温水

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひや‐みず ‥みづ【冷水】
〘名〙
① つめたい水。ひややかな水。つめたい処遇の意にもたとえる。れいすい。ひや。〔羅葡日辞書(1595)〕
※たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉一三「飛石の足音は背より冷水(ヒヤミヅ)をかけられるが如く」
② 清冷な水に白糖と寒晒(かんざらし)粉のだんごを加えたもの。江戸時代、夏季に、一わん四文ほどで市中を売り歩いた。
※浮世草子・万の文反古(1696)一「昼は冷(ヒヤ)水を売り」
③ (「年寄の冷水」から) 老人の異称。
※雑俳・露丸評万句合‐明和四(1767)「実盛はひや水らしい軍をし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れい‐すい【冷水】
〘名〙 つめたい水。ひやみず。
※殿上詩合(1056)泉石夏中寒〈源経信〉「幽巖夕忌龝風扇、冷水夜浮明月盃」 〔金光明経〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冷水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.