Rakuten infoseek

辞書

冠状動脈【かんじょうどうみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

冠状動脈
かんじょうどうみゃく
coronary artery
心筋に酸素および栄養を送る動脈大動脈からの最初の分枝で,大動脈洞 (バルサルバ洞ともいう) の上縁近くから左右2本の血管が始る。左冠状動脈右冠状動脈とがあり,左冠状動脈はさらに前下行枝,回旋枝の2つに分れる。心臓の背部に栄養を与える後下行枝は,多くは右冠状動脈から成り,一部では回旋枝から成る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんじょう‐どうみゃく〔クワンジヤウ‐〕【冠状動脈】
心臓壁に冠状に分布する動脈の主幹大動脈基部から左右に分岐し、さらに枝分かれして心室心房の筋肉に血液を送る。冠動脈

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

冠状動脈
 心臓自身を養う動脈.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんじょうどうみゃく【冠状動脈 coronary artery】
心臓を養う動脈。略して冠動脈ともいう。心臓から出た大動脈から最初に分岐する動脈で,大動脈弁のつけ根のすぐ下流で左右に1本ずつ出ている。心房と心室の境界に沿って走る状態が王冠を思わせることから,この名称がある。左冠状動脈は内径5~8mmで,大動脈起始部から出て1~2cmのところで分枝して左前室間枝と左回旋枝となり,さらに枝分れして左心室の前面および側面を心尖部まで分布する。右冠状動脈は右心房右心室の境を前から後ろへ走り,右心室および右心房へ枝を出してから後室間枝に注ぎ,右心房,右心室および左心室の後面に分布する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんじょうどうみゃく【冠状動脈】
大動脈の基部から枝分かれして心臓壁を上から下へとりまいている動脈。心臓組織に酸素や栄養を供給する。冠動脈。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

冠状動脈
かんじょうどうみゃく
心臓の筋(きん)(心筋)の栄養をつかさどる2本の動脈で、冠動脈ともいい、心室と心房の境を冠状に取り巻いて走るのでこの名がある。冠状動脈には、右冠状動脈と左冠状動脈がある。右冠状動脈は大動脈の付け根にある大動脈右半月弁のすぐ上部から分かれ、右心房と右心室との境を心臓の後面に向かって右回りに帯状に走りながら枝を出し、右心房や両心室に血液を送る。左冠状動脈は右冠状動脈よりやや太く、大動脈左半月弁の上部から分かれ、左心室の前面と後面とに枝を出し、両心室や左心房に血液を送る。左右の心室は、このように左右の冠状動脈から血液を送られるが、左心室の受ける血液量のほうが右心室よりも多い。これは、左心室がもっとも仕事量が多いことによる。左右の心房の場合は、それぞれ別の冠状動脈から出る小枝によって血液を送られている。
 臨床上重要なことは、左右冠状動脈の終末枝の間にはわずかの吻合(ふんごう)(交通枝)しかないことで、冠状動脈の枝の血行障害はその枝の支配領域の心筋障害をおこし、心臓にとって致命的となることが多いということである。しかし、小さい動脈間に存在する吻合枝は、血行障害に対しては、新しい側副吻合枝(通常では働いていない吻合枝)が発達するといわれる。ヒトの心臓の約50%は左右冠状動脈が同じ程度に発達しているが、左右冠状動脈の発達が著しく異なる場合もある。冠状動脈を流れる血液量は大動脈から出る全身の血液量の約5%に相当する。冠状動脈は交感神経によって拡張をおこし、迷走神経によって収縮する。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんじょう‐どうみゃく クヮンジャウ‥【冠状動脈】
〘名〙 脊椎動物で、動脈弓起部から分かれ、心臓壁に冠状に分布する動脈。心臓の組織に栄養を供給する。冠動脈。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冠状動脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冠状動脈の関連情報

他サービスで検索

「冠状動脈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.